エブリィを車中泊仕様に。自作ベッド・テーブル・ルーフバー 製作編

わたぐも

ここ最近エブリィを車中泊仕様にしていた。そしてついに動く部屋が出来上がった。
以下製作について書いていく。




エブリィを車中泊仕様にするにあたって一番参考にしたサイトはこちら。

錆鉄人渾身の 車中泊用ベッドの製作


床下収納と食事・作業のためのテーブルを作るこのスタイルが2人で車中泊するには一番合理的だと感じた。軽バンの限られたスペースを有効に活用するため、棚などの余計なものを一切作っていないのもポイントが高い。

土台は1×4材が安かったのでそれで作った。

s-IMG_20200330_140051.jpg

s-ETi8RbWUUAEFWPM.jpg

s-ETi8R3IUUAUO3Pg.jpg

s-ETi8SQKUUAEKJ_D.jpg

木材のDIYって殆どした事なかったので製作中「あ!ここはこうすれば良かった!」という事が何度もあった。
鉄の加工なら毎日のようにやっているのである程度要領は得ているのだがな~。木材のノウハウは全然だよ。


床は構造用合板で製作。秋田杉が安かったのでそれを使った。

s-IMG_20200308_102146.jpg

それにしても木材って思った以上に安いね。このサイズで(幅910×長さ1820×厚さ12mm)1100円で済むのだから。
タングドラムの素材とは比較にならないぜ・・・。比較するものでもないと思うけど。

合板をカットして土台と合わせる。

s-ET8x6bUUEAAf3iV.jpg

クッションフロアを引っ付けて、

s-ET8yZgOUcAEyXpd.jpg

s-ET8yaTVUUAI-req.jpg

床が完成。

s-IMG_20200325_172933.jpg

s-ET8yYonU0AEF_m5.jpg

床高は約25cm。下には収納スペースがある。そしてこの高さが就寝時に需要になってくる。
床板は固定していない。後部の床を2つに分離して紐をつけたのは床下収納の蓋にするため。こうすることで車内に居ながら簡単に床下の荷物を取り出せるようになる。
実際の使用例は車中泊した時にまた書こうと思う。


次はテーブル。
これまで何度かレンタカーで車中泊をしてきたが寝床と料理するための作業場は分けるべきだと強く感じた。なのでテーブルは車中泊には必須。

まずは1×4材で骨組みを製作。

s-EUBng_aU4AANaSw.jpg

s-EUBnfm5UEAE1Buj.jpg

次に構造用合板をカット。

s-IMG_20200326_100233.jpg

s-IMG_20200326_100741.jpg

研磨して、塗装。

s-EUBncu-U4AY_7A4.jpg

うん、いい感じだ。ピクニックテーブルとしても使えそう。
製作中、木材は鉄と違って工具を使えばサクッと切れるし。ビス止めしたらこんなに強くひっつくのかとか色々新鮮だった。
木のDIYって殆どやった事なかったけど、木材と工具があれば結構形になるもんだね。今回の経験で棚とかも気軽に作れそうな気がしてきた。




次は車内。
天井の左右のスペースは少し空きがあるのでルーフバーを取り付ける。純正品だと23200円もするので自作する。
吊配管金具をミスミで購入。1つ128円でしかも一個からでも送料無料というのが嬉しい。



こういう金具って田舎のホームセンターには置いてないから、ミスミのサイトはありがたい。楽器製作の際にもお世話になっている。

s-IMG_20200330_163418.jpg

一度分解する。

s-IMG_20200330_163629.jpg

ペンチで金具を広げM6のネジ・ナットと大きめのワッシャーを通す。

s-IMG_20200330_163858.jpg

エブリィにはユーティリティナットがもともとついている。そこにネジを付ける。

s-IMG_20200330_164101.jpg

s-IMG_20200330_164316.jpg

100均の園芸支柱を固定して完成!

s-IMG_20200401_092319.jpg

純正品だと23200円かかるところを366円で製作!その分強度はないがどうせ軽いものしか掛けないから問題なし。
製作で参考にしたサイトはこちら。ネットでは探せばいろいろな情報が載っているからありがたいね。
ARIA徒然記その315 エブリィ DA17v ルーフバー自作 イレクターとタン付吊バンド 備忘録

そしてテーブルを土台にはめ込み、カーテンや照明をつけて・・・。

動く部屋の完成~。

s-IMG_20200330_191415.jpg

s-IMG_20200331_095323.jpg

s-IMG_20200331_084031.jpg

s-IMG_20200330_171208 (1)

やっぱり住まいを作っていくって楽しいね。ここをこうやったら寝やすくなるとか、ここで料理をするならこの場所に調味料とかを収納して・・・とか考えるのって楽しい。去年も洞窟でソテツで壁作ったり流木で調理場とか作ってたけど暮らせるようにしていく感じが楽しかったな。

今はただ床とテーブルがあるだけなので車中泊感が全くないがこれから宿泊してみて実際の使用例とか書いていこうと思う。
あと後部の窓側の収納をもうちょっと増やして調理道具などを整理できるようにしたいな~。もっと部屋感を出していきたい。

2人で車中泊する場合車内スペースも限られるし荷物も増える。なので今回はできるだけ空間を有効活用できるように丁寧に製作してみた。
1人だったらもっと適当に作っていたと思うけど彼女にはできるだけ快適に料理をしてもらいたいし、疲れずに過ごして欲しいしね。
ただ、あれだね。今後長期の車中泊の旅は楽しんで出来るかどうかわからん感じになってきたね。せっかく作ったのになぁ。(´・ω・`)

とりあえず近いうちに和歌山県内を一泊二日で車中泊してみる予定。

車中泊セットを作るにあたっての材料費はこれぐらいだった。家にあるものを使ったりもしたので大体だが。

1×4材 6フィート 11本 2178円
秋田杉針葉樹合板 3枚 3300円
ネジ・金折 926円
油性ニス 528円
クッションフロアー 2436円
両面テープ 658円
園芸用支柱 110円

合計 10136円

結構安く済んだんじゃなかろうか?うん、よく頑張った。(´-ω-`)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。