冬の味覚、ウツボの揚げ煮。ドラムの試奏訪問や暮らし

わたぐも

寒くなってきた・・。といえばウツボの季節だ。冬はウツボに脂が乗って美味しくなる。
それに気温が低くないとウツボの干物は作れない。

IMG_20191203_150437.jpg

これがウツボの罠。この中に魚のあらなどを入れて海に沈める。
いつもの場所に罠をセット。ここに仕掛ければ捕獲率はほぼ100パーセントである。

IMG_20191203_150612.jpg

数日後・・・。
ウツボとれた~!ヽ(´ー`)ノ

IMG_20191208_081115.jpg

まな板にセットして~

IMG_20191208_084953.jpg

捌いて~

IMG_20191208_093913.jpg

干していく~

IMG_20191208_101339 (1)

五日後、カピカピに乾燥したものを裁断。素揚げにして頂きました。残りは次の日に揚げ煮に。

IMG_20191213_123956.jpg

IMG_20191213_184132.jpg

IMG_20191214_195734 (1)

毎年お馴染みの冬の味覚だ。美味しかった。
ウツボは骨が多いけど干して揚げればカリカリになって気にならなくなるから良いね。


______________________________________________________________


試奏訪問

先日、奈良で地域おこし隊をされている方からさざなみドラムの試奏訪問があった。
共鳴の仕組みや、どういう風に作っているかだとか、そんな話をしながら響きやさざなみ演奏がどのような感じなのか体感してもらった。他、ここでの暮らしにも関心がある方だったので田舎暮らしに関することを話したり・・・・。とりあえずこの場所は最高すぎるね。という感じで話はまとまりました。

また、先日別の方から小型8音おすすめ音階のオーダーを頂ていたのでそのドラムを製作していた。
そして完成。民謡的な音色にコードを乗せていけるこの音階は良いね。



他、マレット・取手を少し改良。
マレットは巻く量を少なくし中の芯も変更した。こうすることで少し小型で硬めのマレットができ音の鳴りと演奏のしやすさが向上した。
また、取手を装着するとドラムの高音の伸びが悪くなるのが気になっていたのでできる限り干渉しないようにより小型・軽量のものを選んだ。
地味な変更だが、こういう改良の積み重ねによって響きの良い楽器が出来上がると思う。

IMG_20191215_210508.jpg



_________________________________________________________________________________





豆苗が徐々に伸びてきた。

IMG_20191212_135014.jpg

豆苗はスーパーで100円ぐらいで売っている野菜。若い芽を食べた後、11月ごろから畑に植えてあげると来年の春過ぎにこんなかんじになってグリーンピースが収穫できる。大変コスパの良い野菜だ。

test3IMG_4514.jpg

ツルムラサキは花を咲かせている。こうなると収穫もそろそろ終わり。花の形状が独特だと毎年思う。

IMG_20191209_115116.jpg

IMG_20191209_115156.jpg

IMG_20191209_115700.jpg



______________________________________________________________



こんな感じの日常・・・。

IMG_20191213_170142.jpg

IMG_20191213_170157.jpg

2019年最後の満月は明るく輝いていて綺麗だった。

IMG_20191212_184002.jpg

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。