自身のドラムを「さざなみ」と命名。新たな奏法を発見。

わたぐも

新作のドラムが出来上がった。今回のは取手付き。

test12IMG_20191031_165019.jpg

新作の最も大きな特徴はマレット・手で叩く以外に揺らすという新たな演奏法を目的に製作した事。

揺らすだけなので演奏技術はいらないし、偶然によって生まれる響きなので、よりヒーリング・自然的な側面からこの楽器を楽しめる。この奏法は奏者の意図が介入せず偶然の響きにより演奏されるので空間を漂うような自然的・抽象的な演奏が可能。これこそ誰でも音の空間を楽しめる楽器だと思う。



この音の響きが「寄せては返すさざ波のよう・・・。」という点から自分の製作するスティールタングドラムを「さざなみ」もしくは「さざなみドラム」という名称にする事にした。
それに自分の家はすぐ目の前が海で一日中波の音が聴こえてくる。その環境で作られた楽器・・・という意味でも自身のタングドラムは「さざなみ」で良いように思う。

test7IMG_2162.jpg

また、この揺らす演奏スタイルを「さざなみ演奏」と呼んでいく。こういう奏法でさざ波のようなヒーリング的演奏ができるタングドラムは他にはないと思う。







最近の事

楽器製作場に陽が射すと暑いので竹を骨組みにして屋根を作った。

test12IMG_20191030_074936.jpg

test12IMG_20191030_075008.jpg

雨も防げるし良い感じ。
身の回りにあるもので何か作っていくのは楽しいね。強度不足で潰れたらその都度竹を足して頑丈にしていこうと思う。


________________


柿の木に登って手に届く範囲の柿は全て収穫した。

test12IMG_20191030_123606.jpg

前回皮を剥いた渋柿をいきなり冷蔵庫に入れると中々乾燥しなかったので始めはやっぱり天日干しにする事にした。
澄んだ青い空とオレンジの柿が季節を感じさせてくれて良いよね。

test12IMG_20191101_094649.jpg

test12IMG_20191030_135406.jpg


__________________


秋の夕暮れ。少し焼けた。良い夕暮れだった。

test12IMG_20191026_170700.jpg

test12IMG_20191026_171232.jpg

test12IMG_20191026_171711.jpg

こんな感じの日常・・・・。

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。