日々の演奏87 生き物の無意味さを不思議に感じる。

わたぐも

10月1日

昨夜は睡眠不足だった為かぐっすり眠れた。

早朝。空がほんのり明るくなり始めている。
すごく頭がスッキリしている。今年一番の寝起きの良さだ。この機会にピアノを演奏。



・・・・・・。

1ヶ月ぐらい前からかな?人生にしろ全てに意味なんてないんだよなぁと感じているのだけど、
それでもみんな生きていて、人含め鳥とか虫とか植物とか全ての生き物が意味もなく生きているのって不思議だなぁと感じる。

普段の暮らしでも、バイクに乗って車とすれ違った時とか
ドラムを作ったり草刈ったり、何かしら作業している時とか
その瞬間にも全ての人や生き物が同時に意味もなく今日も活動しているのだなぁと

そう感じる事が結構あってその感覚を演奏してみたのが今回の演奏の後半だ。



朝起きれば虫が鳴いていて、空が明るくなれば鳥も鳴く。人も活動を始める。
物事に意味はないけど時間はただ流れ動植物は活動していく・・・。

・・・・。

久しぶりに完全に演奏に溶け込むようなそんな感覚でピアノが弾けた。こういう状態に入るには体調のコンディションにかかってるね。

全体が49分と長い演奏になっていますので時間がある時にゆっくり聴いてもらえると嬉しいです。


_________________



10月2・3日

8音タイプ小型ドラムの完成。スケールはC, Aeolian。少し物哀しい演奏ができるのがこのドラムの特徴。
今回も良い響きのドラムが作れたと思う。



前回に引き続きタングは細めにした。やはりドラムの表面積に対してタングの面積を減らせば減らすほど音は澄むと感じる。が、音は小さくなる。同様に音数を増やせばタングの面積が増えるので音は濁る。

音の配置は高い音、低い音が交互になるようにした。理由は隣り合うタングは互いに共鳴しやすいため、音程が近いタングは対角線上に持ってきたほうが音が濁りにくいから。
確かにこの方が音が澄むのだろうとは感じるけど、音の配置に規則性が見えづらいのでどこに何の音があるかわらず演奏しにくい。そこが難点かなと感じた。自分が出したい音が即座に出せないので慣れるまでは結構ストレスになる。

何か特定の利点を求めると他の部分に影響が出てくると感じる。
演奏のしやすさを取るのか、音量を取るのか、澄んだ音・濁った音どちらを求めるのか、たくさんの音を鳴らせる事を優先するのか・・・・、そこら辺のバランスを如何に取っていくかが製作者の匙加減次第だなーと感じる。

あと、演奏に関してだけど上の動画のコード進行をタングドラムが中心に繰り返して、そこにドラムやキーボード、ベースなどが入ったイージーリスニングを作っていったらいい音楽ができるだろうなと感じる。だけどそういう多編成の曲作りは自分はやらないのだよねー。


こんな感じの日常・・・・。

test12IMG_20191004_173848.jpg

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。