徳島秘境巡り1日目、つるぎ町のモノレール集落、十家に行ってきた

わたぐも

今年の2月沖縄へ行く際、平家の落ち武者伝説が残る徳島県三好市祖谷へ行こうと思っていたのだが時期は冬。
バイクだといかんせん寒すぎるのでその時は諦めた。

今回は車中泊でリベンジ。バイクに寝袋とマット積んで旅していると腰を悪くしたので車に布団を積んで旅をする事にした。もうバイクで何泊も旅をすることはないと思う。

test12IMG_20190920_165246.jpg

車中泊するならやっぱ軽バン。ガッツレンタカーという格安のレンタカーがあって軽の最安置はなんと24時間2000円!安い・・・。自分は軽バンのバモスを借りたので一日3200円。



まずはじめの目的地、つるぎ町一宇の十家・赤松集落へ。



この集落は険しい山の中腹にあり、車道が通じておらず徒歩かモノレールでしか行けない隠れ里のようなところ。
細い山道を車で走らせ目的の集落入口に。この看板が目印。

test12IMG_20190920_152139.jpg

test12IMG_20190920_152147-01.jpg

test12IMG_20190920_165204.jpg

看板横の細い道を登り、

test12IMG_20190920_165207.jpg

空き家を通り過ぎる。

test12IMG_20190920_152625.jpg

するとモノレールが現れる。

test12IMG_20190920_152726.jpg

後はこの山道に沿って集落へ向かう。モノレールはかなり急な斜面に設置されている。

test12LRM_EXPORT_708834097118923_20190923_164703266.jpg

過疎対策として山間地では道路整備が進んだが、十家集落は急斜面で地形が悪く多額の事業費がかかるため、考え出されたのがモノレールだったらしい。

test12LRM_EXPORT_698230631070540_20190923_113451288.jpg

モノレールに沿って山道を40分程歩くと・・・鬱蒼とした森が開け茶畑が現れる。

test12IMG_20190920_155207.jpg

集落内の家の多くは荒れていて雑草もボーボー。

test12LRM_EXPORT_698615414111107_20190923_114429327.jpg

test12LRM_EXPORT_699664546960947_20190923_120158460.jpg

モノレールが集落内を走る。

test12LRM_EXPORT_699843905601023_20190923_120457819.jpg

人は住んでいないような印象を受けたが、モノレールは今も現役みたいだ。
お堂は綺麗に手入れされていた。

test12LRM_EXPORT_701733954006464_20190923_125045731.jpg

かつてここで暮らしていた人たちの暮らしはさぞ不便だったろうな。街に出る機会も限られ移動も出来ずに狭い世界で暮らしていたんじゃないだろうかと感じた。

test12LRM_EXPORT_699730113587499_20190923_120304026.jpg

一通り十家の集落を散策したら、また来た道を戻る。約2時間ぐらい散策していた。
最後に十家集落のすぐ隣の山にある赤松集落の景色を載せておく。

test12LRM_EXPORT_693704538415502_20190923_100336324.jpg

この辺りは山の斜面に家が多く建てられていて壮観な景色。
Google Earthだとこんな感じ。左の赤丸が十家集落。右の赤丸が赤松集落。この辺りがどんな山の斜面に集落が建てられているのかこれで多少は伝わると思う。

test12fだkljごrじゃjlじゃ;じゃ


_________________


獣の住処になっている藪の中を歩いた時気になるのがマダニやツツガムシ。その為散策後は近くの岩戸温泉に入ってきた。
温泉・サウナ付き、施設は大変綺麗でそれでいて入浴費は400円。良心的な価格だった。

test12IMG_20190920_173639.jpg

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。