ペナン島で最安値の宿に泊まってみる。Kuala Kurauへ。

わたぐも

最終日はペナン島の外へドライブしてみた。

長い海上道路、ペナンブリッジを渡ってマレー半島に上陸。

fっっdtest10あsdflkjfおjfぽいwqジェfぽじゃdsklfJALfじょウィjfおpジェファdsjふぁ

田舎道を走る。

test10IMG_20190808_121234.jpg

test10LRM_EXPORT_36545275705881_20190810_112333846.jpg

周辺の家はどこも立派だった。

test10IMG_20190809_114146.jpg

Kuala Kurauの集落に到着。川の上の作業場や家屋の屋根はやはりトタンだ。



test10IMG_20190808_125508.jpg

頻繁に漁船が往来しており、栄えているんだろうなと感じた。

test10IMG_20190808_125325.jpg

ここの集落もどうやら中華系の人達が暮らしているらしい。



町を一通り回っているとココナッツジュースを販売しているところがあったので飲んでみる。



ココナッツジュースは不味いという感想を以前から聞いていたが、実際に飲んでみると思った以上に甘くて美味しかった。いや、ほんとこれのどこが不味いのだろう?外側が緑のタイプの椰子は美味しいのかな?
椰子の実の内側の白い部分は特に味はせず、砂糖とかと一緒に料理したら美味しいだろうなと感じた。

椰子、価格は3.5rm≒94.5円。





_________________




最後はペナン最安値の宿に泊まってみることにした。
なんか東南アジアを旅する際は一度はドミトリーの安宿に泊まらないといけないような気がしたので。
けどどうしてそう感じるのだろうね。東南アジア=安価のドミトリーという洗脳を受けているのだろうか。

最安値の宿は一泊366円。Booking.comの情報を見ると値段の割には中々快適そうな感じ。2段ベッドではないという点が騒音も少なそうで良いなと感じたのでここに決める。しかも朝食まで付いてくるらしい。この値段で凄いな。





だけども、いざ宿に行ってみるとネットで紹介されていたこの部屋が実際には・・・。

・・・・・。

こうなります。



やはり値段相応だったか・・・。(´-ω-`)

一応オーナーに「写真と実際の部屋が違うよ。」って聞いてみたけど「変わったんだよ!」と返された。
詐欺じゃね?とも思ったが流石に366円で苦情を言う気にはならなかった。

夕暮れは姓陳橋にて。

test10LRM_EXPORT_15411208032023_20190807_075249858.jpg

街を歩いていると害虫駆除?をやっていた。規模が凄いぜ・・・。
ペナンであまり虫を見なかった理由はこれか・・?






_________________


宿に帰ってくると自分のベッドに置いてたコセントとusbアダプターがない。
充電できなくなったら詰むぞと思い探していると他の部屋で宿泊者に勝手に使われていた。
「それは私のコンセントです。」というと
「元々ここにささっていたんだよ!俺は知らないよ。」と言われた。勝手に使われたらたまりませんわー。(´-ω-`)

夜は物音でイマイチ眠れなかった。一泊だから良いけど連泊するなら浜辺でテント張った方が快適なのではないだろうかと感じた。

そして次の日の朝。ここの宿は朝食付き。
どんなものかと気になっていたが「冷蔵庫の勝手にパンを食べてくれよな!」という感じだった。

test10IMG_20190809_061103.jpg


web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。