105~106日目 関門人道トンネルを原付で渡る。佐賀~岩国市美和町へ

わたぐも

野宿旅105日目

4時半頃起床。鳥の鳴き声が山の中をこだましている。人が全く来ない公園は夜はカエル・早朝は鳥で賑やかだ。

横になりながらブログの更新作業をする。その後、寝袋などを片付け撤収作業を進める。

7時頃次の目的地へ向けて出発。

唐津市・糸島市を抜け、福岡市へ。初めて福岡を通り抜けたがここも中々の都会だ。



寄りたいと思っていた所はもう既に寄った。ここからは大幅な寄り道はせず大阪へ向かう。数週間前から左足太ももに突然激痛が走ったり、痺れが続くような症状が出ていた。ネットで調べてそれなりの対処をしたら症状は治ってきたが、少し身体の調子がおかしいので早めに大阪へ帰っておきたい。

そんなこんなで北九州市、関門海峡までやってきた。



時刻は13時。5時間近く走って疲れたのでここでお昼休憩に。

昼頃から花粉症の症状が出始める。走りっぱなしな事と昨日薬を飲まなかったのが良くなかったのだろう。常にくしゃみをしてテッシュが手離せない状態になってしまった。アレルギー症状が強く出ると微熱のような感じになって身体がだるい。
この後バイクを押して人力で海峡トンネルを通過するイベントがあるのだが大丈夫だろうか・・・。ただでさえこの積載で大変なのに・・・。

2時間程休息して関門トンネル入口のエレベーター前へ向かう。ちなみに原付の通行料は20円。



それでは、下関へ・・・!



始めは穏やかな下り坂なのでスイスイ進む。
そして県境に到着。ここからが登り坂なので大変だ。さて、どんだけキツイのだろう。



坂道を押していく・・・。ん?結構重くはあるが思った程でもないぞ。これなら割と楽に行けそうだ・・。なんだ、ネットで見ると積載なしの原付でも、かなり大変みたいな事書いていたから身構えてしまったじゃないか。

進む、進む・・・。

ん、いや、やっぱりこれは結構大変だな。押すのはまだ良いけど、原付が倒れないように腕で支えるのが疲れる。
先はまだまだあるじゃないか・・・。
あぁ、やっぱ結構キツイなぁ。明日は筋肉痛になりそうだ・・・。

途中休息しながら、押していると後ろから

「良かったら手伝いましょうか?」

と声を掛けてくれる方が・・・。

これは助かったと思いお願いする。その後はスイスイ進んですんなり渡りきる事が出来た。

その後その方と話すと自分と同じく旅をしているらしく鹿児島からここまで歩いてきたみたいだ。
仕事を辞め、せっかくの空いた時間に旅をする事にしたらしい。嫌になったらすぐでも辞められるという理由で歩き旅を選んだとのこと。
今まで特に長距離を歩く心得があったわけでもないが何となくやってみたら、普通にいけますねー。と言っていた。

旅人とも別れ寝床探しに入る。

下関市も人が多い街の為、場所探しに少し時間がかかる。

本日の寝床。



サラサラの鼻水がどんどん垂れてくる。アレルギー症状が酷い。今日は疲れている為自炊せずコンビニ弁当。さっさと食べて寝よう・・・・。

食後、バイクに荷物を取りに行くとイノシシに出会う。向こうはこっちをジッと見て中々逃げない。

ん?ヤバイか?と思ったところでイノシシは逃げていった。串本だと滅多に見かけないし即逃げていくのだけどな。この辺りは民家も近いのに全然逃げない。場所によって人に慣れているかどうかも違うのだろうな。食べ物はちゃんと処理しないとな。

9時頃就寝。

本日のルート





------------------------------



野宿旅106日目



4時半頃起床。次の寝床となりそうな場所をグーグルマップを見ながら大まかに選定する。
・・・・よし、今日の目的地は岩国市美和町だ。そこまでバイクを走らせよう。



・・・・・・。

3時間半ほどバイクを走らせ目的地の美和町に到着。





案の定、山に囲まれた田舎で眠れそうな場所がたくさんあった。市街地は眠れる場所がなさそうな印象を受けたので岩国までは行かず手前の山の中、美和町にして正解だった。

本日の寝床。東屋で一泊させていただく。





寝床の確保が15時。その後濡れタオルで体を洗って、衣類なども洗濯。
夕暮れまではまだ時間があるので今日は自炊する。スーパーで購入した半額のレトルトハンバーグ・醤油の味飯・具沢山スープだ。





そうこうしていると夕暮れの時間になる。



今日はそれ程移動しなかったので昨日と違ってのんびり行動できた。寝床探し・移動・自炊・洗濯などやっていると1日はあっという間に過ぎる。なんか毎日これをやっていると一日ずっと働いているような気分になってくる。

9時頃就寝。

本日のルート。


web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。