71日目 ウミガメの産卵に出くわす・沖縄師範健児之塔へ

わたぐも

6時起床。東の空が少し焼けている。



今日も良い感じの空だ。ドライブしよう。

豊見城市を経由してガンガラーの谷へ向かう。



沖縄は鉄筋コンクリートの建物が多い。特に市街地は。ネットで調べてみると戦争による木材の不足・アメリカ統治・台風による災害が大きく関わっているらしい。(参考サイト)
そう考えるとこの風景も歴史・文化的なものなんだなと感じた。





---------------



そんなこんなでガンガラーの谷に到着。

ここは大きい洞窟の中にカフェが営業している。大変独特な景色だ。



ツアーに申し込みすると更に内部まで見る事が出来る。自分はお金を払って用意された観光地を団体と見て回りたくはないのでやめたが。



-----------------------



その後平和記念公園を経由して沖縄師範健児之塔・摩文仁の丘へ。



この沖縄師範健児之塔から摩文仁の丘へ向かう途中にある岩や木々の雰囲気が凄く良かった。



ここは多分御嶽なんだと思う。ネットで調べても出てこないので良く分からないが。



岩を這う根が力強さを感じる。



独特な岩・そしてガジュマル。人は誰もいない、鳥の鳴き声だけが聴こえる。

・・・。落ち着く。

有名な所に行くより、こういう静かな場所を探してゆっくり観光した方が自分は心地良いなと感じる。



もちろんここは平和公園のすぐ隣なので沖縄戦当時は被害の特に激しかった場所だ。神聖さを感じる場所だが悲惨な出来事があった場所でもある。

その後、摩文仁の丘へ。




曇りだから写真写りが残念だけど海とその下に広がるジャングルみたいな鬱蒼とした森が沖縄らしくて良かった。

東屋なども設置されており柱は琉球石灰岩の石積みで作られていた。こういう型を合わせた石積みって、パッと見ただけで凄いなぁと感じさせる。





まぁ内部は普通にコンクリートがあるのかもしれないが。

反対側には糸満市摩文仁の集落が広がっていた。丘に並ぶ素朴な町並みだ。




-------------------



そんなこんなで帰宅。そして夕飯。

夕食を食べながら暮れる空を眺める。
今日は残念ながら曇り。





夕飯も食べ終わり、辺りも暗くなってきた。さて、そろそろ食器洗ってテントに入ろうか・・・。ん?

波打ち際に・・・岩?
いや?あんな所に岩は無かった・・・。
という事はウミガメ?

え?こんな時間に来るって事は・・・、つまり産卵に来たのか・・・?え、マジで?

お、浜を上ってくるぞ・・・。マジか・・・。ってかウミガメってやっぱごっついな・・・。



ネットでどのように観察すれば良いのか調べてみると、フラッシュで撮影したり、騒いだりすると産むのをやめる場合があるらしい。

そうこう調べているうちに産む場所を決めたらしく後ろ足で穴を掘り始める。
なんだか自分の事は気にも留めてないような印象を受けた。後ろから観察してたら時折砂をかけられたり・・・。

時々休憩して、また穴を掘り始める。
うーん・・・。陸に上がったカメってかなり無防備だな。昔の人がカメや卵を食べたというのも良くわかるよ。だってこれじゃ誰でも捕まえられるじゃないか。卵の場所もバレバレだし。

30分ぐらいして穴掘りを止め、お尻を下に向けて動かなくなる。どうやら産卵しているようだ。

・・・・。

産卵中、泣いてる様子や卵を実際に見れるのかなと思っていたけど、暗いし穴に隠れてよう分からん。

・・・何というか、地味だ・・・。


1時間半後・・・。

産卵した穴を埋めてウミガメは海に帰っていった。お疲れ様でした。



まさか偶然カメの産卵に出くわす日が人生で来るとはな。



写真は産卵跡。もう夜も遅くなってきていたのでその後は歯磨きしてすぐに就寝・・・・💤

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。