53日目 目隠し兼風防・屋根製作/伊計島・宮城島へ

わたぐも

53日目

6時半起床。テントを出る。
誰もいない浜の朝。



顔洗って、衣類を洗濯。バシャバシャしていると小魚やエビが餌を求めて寄ってくる。気付いたら、たらいに小エビが入ってて面白かった。




------------------------

砂浜を歩く。



この場所はバイクでしか来る事が出来ずアクセスが結構悪い。なので平日はほぼ人は来ない。休日でも数人来るかどうかという感じだ。
加えて今回のテントの立地はかなりわかりにくい。あの木々の向こうにテントがある。



浜に生えている木はモクマオウというらしく、本州では見る事ができない木だ。オーストラリア原産の外来植物で防風林、防砂林として植栽され、沖縄で広く分布したらしい。
木の下はそれ程薮も茂っておらず、テントを張れば日陰、風防になり中々良い。



台風の影響だろうこういう林の中には立ち枯れしていたり、倒れたモクマオウが多い。




今回はこの倒木や枯れ枝を利用して目隠し兼風防を作った。




先程のテントを張っているモクマオウの林に近づいていくとこんな感じ。









倒木に編み込むように枯れ木・枯れ枝を組み合わせていった。近づくと何かがあるとわかるが、遠くからだと注意して見ないとテントがあるかどうかはまずわからない。


(写真は後日のもの)

この枯れ木の壁を作っている時もやっぱり無心で気付くとそれなりの目隠しが出来上がっていた。完全に浜にあるものだけで作ったので前回と違いもはや構造物ですらない。一見人が住んでいるとは思わないような所に住める環境を作っていくのはなんだか面白い。




----------------



テントを張った後、次にやっておきたかった事は屋根の製作だ。洞窟の時と違ってテントだけでしばらく快適に暮らすのならこの作業は必須。

今回は6畳の軽量ブルーシートを購入。価格は500円ぐらいだったように思う。
大きいシートの方が雨を避ける面積が広くなるので住みやすくなるのだろうけど、それをすると仰々しくなるしシートの持ち運びも大変になるので今回は6畳で。

黙々と作業する。

・・・・。

出来上がり。



反対側はこんな感じ。(後日撮影)



これで多少は日差しがマシになるし雨が降っても普通に暮らせる。



------------------------



その後ドライブ兼買い物へ伊計島・宮城島を散策する。



海中道路を走る。どちらも離島だが道路で繋がっている為バイクでアクセス可能だ。



伊計島の景色。





広い農地と向日葵が印象的だった。
向日葵には色々な品種があるのだろう。2月から代わる代わるに咲き続けているような気がする。


伊計島の集落内を散策していると・・・。

あら、日向ぼっこニャンコ🐈



バイクのエンジン音をものともしないとは・・・。中々肝の座った猫だ。良い写真が撮れてしまったではないか。

観光はもちろんだが、住めそうな所がないか探すのも忘れない。



一見すると浜にアクセスできるとは思えないような道があり、その浜には小さな川もあって、数ヶ所暮らせそうなところがあった。





が、今よりかは生活環境は悪くなりそうではあった。






この日の散策はこんな感じ。
環境の変化で、最近ぐっすり眠れない日が続いていた。その為この日は9時頃に就寝。

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。