野宿旅8・9日目 青鹿キャンプ場に滞在・椎葉村へ。日々の演奏75

わたぐも

2/3

起床。4時頃から遠くでニワトリが鳴いて少々うるさかった。あとちょっと寒い。やっぱり寝袋は2枚重ねて寝た方が良かったな。

今日は昼から雨。どこか屋根のある所探さなければと思っていたが、ここのキャンプ場にあるバンガローはタダで使わしてくれるらしい。



貸切だし普通に立派な建物なのでありがたい。昨日もテントを張らずにここで寝たらよかったな。





濡れタオルで体を拭いて下着などを洗濯。髭剃ったり、メールのやりとりしたり・・・。普段移動中できない事を消化していく・・・。



あれ?ここでしばらく暮らせるんじゃね?



--------------------



一通りやる事やってのんびり。
バンガローは空の部屋なので物音が響く。

森のバンガローで1人。外は小雨。風、鳥の鳴き声が聞こえる。
なんだろう、この空間が好きだ。音楽を奏でたい。タングドラムを叩く。
今回は声あり。自己流ホーミーとかやっちゃって恥ずかしい演奏になってます。けどこれが自分の精神世界なのです。



夕飯は40円白菜と切り干し大根の味噌汁。
ほうれん草の炊き込みご飯。





夜。山奥のバンガロー。



広々とした空間には不釣り合いな頼りのないランタンが一角だけを照らしている。
外は雨。強風が木々を揺らす音が聞こえる・・。

なんかおばけが出るか殺人事件が起こりそうな雰囲気やな・・・。

就寝。おやすみなさい💤









2/4

起床。残念ながら幽霊には会えなかった。



誰もいない静かな朝が気持ち良い。
このキャンプ場、炊事場もあって何気に快適。今日はここを拠点にしちゃって宮崎観光を楽しもうか。



というのも一昨日行きたくても行けなかった場所がある。そう、椎葉村だ。



椎葉村には平家落人伝説が残っており秘境マニア(っていうほどでもないけど) としてはここは押さえておきたかった。
ちょうど今日は暖かく、快晴。絶好の観光日和だ。


山の中に入り川を登っていく。

山奥へ進むにつれ、徐々に秘境感が・・・。



椎葉村周辺の家はなぜか山の中腹にポツポツと建っている事が多かった。何故あんな所に。



拡大



椎葉村を見渡せる展望台へ向かう。
この道が中々の悪路だ。カブで2速だと止まってしまうような急な坂道、細い道。
まぁこういう道だからこそ楽しいのだけど。旅の荷物を載せてここは走れなかったな。






展望台に到着。





村の中も隅々まで散策してみた。



っていうかこの家々凄くない?なんでこんな斜面に家を建てたのだろう。








------------------

そんなこんなで帰宅。中々良い秘境巡りであった。



そして、夕暮れ。
明日はあの陽の沈む方向、鹿児島へ向かう。



おやすみなさい・・・・。



web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。