テント泊の旅〜尾鷲市古江町、鬼ヶ城へ(2日目)

わたぐも

鳥が鳴いている・・・。
朝だ。結局昨日は3時間ぐらいしか眠れなかった。テント泊に慣れるにはまだ時間がかかりそうだな。

まだ陽も出ていないが、どうせこの後も眠れないだろう。もう起きよう。
ゆっくりとテントの片ずけに入る。




「ホーーーホケキョケキョイ。」
ウグイスが鳴いている。ウグイスって3月頃に鳴くんじゃなかったっけ。南紀の山側は今ぐらいの時期に鳴くものなのかな。

とか考えながら後片ずけ。そして出発の準備完了。

test10IMG_1726.jpg

今日は昨日回りきれなかった古江町に行く。



古江町の全景

test10IMG_1569.jpg

熊野ー尾鷲間の漁師町の多くは斜面に形成されているのだが、古江は傾斜がきつい割に家の戸数が多い。

test10IMG_1802.jpg

test10IMG_1811.jpg

test10IMG_1783.jpg

だからこそ町並みが独特で、味がある。

test10IMG_1797 (1)

test10ファdlkjだ;jファl;jファ;lf


test10IMG_1745 (1)

test10IMG_1788.jpg



____________________



自分が見たい所は一通り回った。これで1日目の予定は消化した。

熊野市へ戻る。

test10IMG_1846.jpg

もう昼頃だ。
どうしよう、2日目に予定した北山川方面に行くのは厳しいんじゃないだろうか。
睡眠不足だし無理はしないでおこう。宿泊数を増やして北山川行ったとしても多分疲れて楽しめないだろう。

となるとまだ時間があるし、前々から気になっていた鬼ヶ城に行くとしよう。



鬼ヶ城へ。歩いていると素掘りのトンネルが。

test10IMG_1967.jpg

中々出だしから好調な感じの景色ではないか・・。
トンネルを抜けると・・・。

test10IMG_18っd51


これは・・・。テンションが上がってしまう道だ。

test10IMG_1862.jpg

test10IMG_1869.jpg

道の先には色々な奇岩があった。

test10IMG_1872.jpg

かつてここには海賊が住んでいたと言う伝説があり、後に鬼ヶ城と呼ばれるようになったらしい。

test10IMG_1873.jpg

test10IMG_1874.jpg

独特な景色だったけど自分的にはやっぱり途中の道が一番テンションの最高潮ポイントだった。

test10IMG_1883.jpg

鬼ヶ城も一通り見たのでそろそろ帰ることにする。
長い道のりを走る。

test10IMG_1907.jpg

そして・・・。

帰宅ー。

test10IMG_1909 (1)

疲れたけど中々楽しかった。

test10IMG_1940 (1)

夜になってあぁ家って暖かいんだなぁとか思ったり。
コタツでゆっくりできるし、風呂で汚れ落とせるし、1日テント泊しただけでも家の快適性を感じた次第でした。



テント泊してみて感じたこと



・走行中、思った以上に寒かった。
朝夕走っていると結構気温が低くて寒かったです。もうちょっと防寒しないとなと感じました。夜は
寝袋が優秀な為、その中で包まっていたら全く寒くなかったです。
test10IMG_1516.jpg

・眠れなかった
寒くはなかったですが慣れない周辺の環境、寝袋なのでほとんど寝れなかったです。慣れれば眠れるようになるとは思うのだけど・・。


・観光しながら移動は厳しそうな気がした。
常に寝る場所を変えながら移動して、かつ観光もするのはきつそうだなぁと感じました。
目的地にただ向かうだけなら惰性で走っていれば到着するのだけど、そこの土地の景色とかを楽しむのって結構エネルギーを使うような気がします。
今後予定している旅で目的の場所に行くまでに色々寄って回ろうかなと思っていたけど移動中心になるかもしれないなと思いました。

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。