PURELAND キャンピングテント/Moon Lence キャンプコット/GROOVY OUTSTYLE インフレータブルマットを購入

わたぐも

PURELAND キャンピングテント


野宿旅にテントは必須。
高級なテントほど耐水圧があったり(雨に強い)、テント出口の全室が広かったりするらしい。
だけど、雨はブルーシートで防げばいいと思うし、全室の必要性はどれぐらいあるのかよく分からない。
なので安物のテントをアマゾンで物色。
すると価格の割には全室があって耐水圧もそれなりに高いテントを見つけたので購入してみた。

test9IMG_8897.jpg

が、これは買って失敗だった。というのも出口が一箇所しかない。
これじゃ風が通らないので冬が終わればクソ暑くなるぞ・・・。

test9IMG_8899.jpg

うーむ・・。買う前に出入り口が二つあるかどうかチェックすべきだった・・。失敗した・・・。
素直にパンドックのテントとかを買っとけば良かったな。



Moon Lence キャンプコット


薄いマットだと自分は腰が痛くなる。加えて睡眠は自分の中ではかなり重要なので何を買うか悩んだ。
荒船テント生活の頃はインフレータブルマットでは薄すぎて腰が痛くなったのでエアーベッドを購入した。
2500円と安さの割にはマットの高さが25cmもあり、その後は快適なテント生活を送っていた。ただ膨らますのに時間がかかったりして移動の際には不便。あの時は移動がなかったから良かったけども。
あと空気を入れるタイプのものは全般的に耐久性がないように思う。これも数ヶ月で空気漏れが目立ち始めた。


登山で有名なTHERMARESTを試してみたい気もするのだけど厚みの割に値段が高い。そこまでの値段を出して失敗したら辛すぎるので却下。

そんなこんなで考えているとコットというものを発見。


6年前テント生活の準備をしている時はこういうものはなかったように思う。
これだ!と思い早速購入。組み立てて寝てみたが・・・。

test9IMG_8907.jpg

「あ・・、結構腰が沈む・・・。あかん・・・。これは腰痛くなる。」っていうのが確信できたので返品した。
レビューでは張りが強く沈み込まないって書いてあったけども・・・。
コットのあの沈み込む感じは自分には合わなかった。


GROOVY OUTSTYLE 厚さ8cm インフレータブルマット


コットは失敗だった。寝る際のマットはどうしよう・・・・。
もう普通に持ち運べるマットレスを買っちゃうおうか。

上の商品は安い割には厚みがあり寝心地も良さそう・・・、だが欠点はかさばる。車中泊での使用ならちょうど良いと思うがバイクに乗せるようには作られていないっぽい。


うーむ・・・。どうしたものか・・・。
厚みのあるインフレータブルマットはないのだろうかと思い探してみると昔と比べると厚さの割には安い商品が増えている。
どっちを買うか悩んだけど結局運搬性を重視してインフレータブルマットを購入。


空気を入れて横になってみたところ寝心地には問題なさそうだった。
ただこういう空気を入れるタイプのものって何ヶ月も連続使用するようには作られていないっぽいんだよね。
今後の使用にどれだけ持ちこたえるか不安ではある・・。



こんな感じで野宿旅の装備選び、あまり賢い買い物はできてなかったり・・・。という感じです。

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。