海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

串本に帰って、台風が来て・・。

串本に帰りました


道中の景色。

test8IMG_7983.jpg

今回も十津川ルートで帰る。
帰る度、十津川村の谷瀬の吊り橋が気になってました。ですが駐車料金がかかるので素通り。
場所を使うだけでお金取られるのが嫌なんだよね。そんなんでお金払うぐらいなら食べ物買うわ。みたいな。

そんな感じでスルーしていたのですが、谷瀬の集落を見に吊り橋の対岸に行ってみたらバイク停めるスペースがあったので逆側から吊り橋を歩きました。

test8IMG_8001.jpg

ストリートビューも撮ってみました。



そのあとはダムで食事休憩して以前気になっていた集落をちょこちょこ写真撮ったりという感じでした。

test8IMG_8023.jpg

test8IMG_8029.jpg

新宮市街地に入って海が見えて来る所ぐらいから流石にしんどくなってきたけど、快晴で気持ちよく全体的に大変楽しいドライブでした。


台風


そして翌々日には台風。
今回も少し家が揺れる様な強烈な風でした。
窓がバスバス押されてたので雨戸をつけに大阪から帰ってなかったらガラス割れてたかも。

停電はいつものことなのだけど、今回ショックだったのは雨漏りしたこと。
この家はそういう事はまずないと思っていたのだけど・・。

test9IMG_8059.jpg

寝てる部屋の天井の隅っこから雨漏り。
暗闇の中、鍋にポツン。ポツン。。。。

屋根に雨漏りするようなところはないので多分横から雨が入って来たのだと思います。
崖の端に立ってる家だから吹上の風がすごいんだよね。だから横からというより斜め下から雨が吹き上がってくる。じゃないとこんな雨漏りの仕方はしないと思う。

漏ったのは多分ここから。トタンと天井の裏地の隙間。ちょっと影が見えている所。
test9IMG_8066.jpg

天井は板がブヨブヨしてるし、カビみたいな斑点も・・・。
台風の度に湿ってたんだろうか。

test9IMG_8068.jpg

漏った原因と思われる横の隙間はシリコンで埋めようかな・・・。うーむ、面倒臭い・・・。

台風24号 和歌山県で過去最高潮位に匹敵(日直予報士)

今回の台風で和歌山は過去最高潮位ぐらいまで来てたみたい。
国道は所々波が超えて流木などが流れ込んでました。港では船が打ち上がっているところもあって、人が集まっていました。

test9IMG_8072.jpg

そして家の下の磯も階段が流されてました。今までこの階段まで波が来るのはなかったはずなのだけど
test9IMG_8079.jpg
test9IMG_8077.jpg

草木もごっそりなくなっていてびっくり・・。

test9IMG_8076.jpg

少し角度がずれるけど元はこんな感じの磯だったんだけどな・・。

test6IMG_7018.jpg

こんなすごいパワーを「ただの自然現象です。」の一言でかたずけることができるのが不思議。
あんなに強烈だったのだから神様が怒っているとかそんな物語性がないとなんだか納得できなくない?とか思ったり・・。

test9IMG_8086.jpg

昨日のことなどなかったかのような穏やかな夕暮れ。これもまた自然現象・・。
今までは「台風がくるぞー。」って言われると「どんな荒れ方するんやろ。」って思ってなんとなくテンション上がってたんだけど、もう台風はお腹いっぱい。

次来るとしたら停電も雨漏りもしない、しょぼい台風だったらいいなぁ。

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。