海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

伊根の舟屋・香美町御崎集落に行ってきた

大学の頃、京都府伊根町に舟屋という海にせり出た独特な家があると知ったのですが、それから今までずっと行ってみたいなーと思っていました。
前回帰阪した時もいこうかなと思いはしたのですが結局行かず。
なので今回の帰阪で行ってみることにしました。

test8IMG_20180922_141844.jpg

道中、琵琶湖の白髭神社。
水面に鳥居があると絵になりますなー(´∀`)

test8IMG_7804.jpg

琵琶湖って海みたいな湖があるのに波は殆どなくてすごく静かなのが印象的でした。

小浜・高浜・舞鶴・宮津を抜けて伊根の舟屋に到着。

test8IMG_7832.jpg

etest7IMG_7829.jpg

舟屋は海面にせり出して建築されていて、1階に船揚場があり、2階が居室となっています。

test8IMG_7840.jpg

自分の住んでいる紀南にも湾が深く波が穏やかな「浦神」という似た場所があるのですが、舟屋のような建物は一切ありません。
どうしてなのかなーと思っていたのですが日本海で南向き、干潮差が少なく急に海が深くなっているなどの条件が必要みたいです。多くはブリ漁の景気が良かった時期に建てられたみたいです。集落一帯がこんな風に同じような建物を建てられるのだからさぞ儲かったのだろうなー。

etest7IMG_7838.jpg

湾を取り囲むように舟屋が並び、規模は結構なもので見応えがありました。

test7IMG_7846.jpg

その後は日本海の絶景を楽しみつつ香美町へ。
険しい山を超えては小さな集落を抜け、また険しい山へ・・。

test8IMG_7850.jpg

余部(あまるべ)集落。日本の地名を正しく読むのは難しすぎる・・。

test8IMG_7855.jpg

そして第二の目的地、香美町御崎集落へ。

test8IMG_7860.jpg

自分は平家の落人伝説が残っているところの集落に行ってそこの秘境具合を楽しむ趣味があったりします。
そしてそういう集落ってたいてい山の奥地にあるのですがここは珍しく海辺です。

test8IMG_7862.jpg

海が見える集落で平家落人伝説が残る所は珍しく日本でもここだけではないでしょうか?なのでここもずっと前から行きたかった場所です。

test8IMG_7870.jpg

で、行ってみるとやっぱりかなりの僻地でした。結構な高所に集落があり下は崖になっています。
海岸に面する集落ですが海に降りる道はありません。
ここで昔は自給自足のような暮らしをしていたのでしょうが、おそらく海の幸にはあまり恵まれずさぞ大変な暮らしをしていたのだろうなぁと感じました。

test8IMG_7866 (1)

天気はあいにくの曇り。晴れてたら青い海と集落の景色が冴えただろうなぁ・・・。(´・ω・`)





おまけ

夜道を走っていると・・・。

test8IMG_7806.jpg

!?

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。