海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

田舎の安い家はどうやって見つけるの?という質問が定期的に来るので・・

家を見つけた経緯は過去の記事に一応書いているのですが

「どうしてそんなに家賃が安いの?」
「どうやってそんな家見つけるの?」

というような質問が何度かきたりします。
なので、それに対して一度ちゃんと書いておこうかなと思います。
自分の暮らしぶりだけじゃなくて、そういう情報も求められているような気がするしね。

今まで3軒借りてきました。
一軒目が月5千円。二軒目が無料。三軒目が年間5万円。

まず家賃が安い理由は、家主がほったらかしにしている家だったからです。
間に不動産屋を挟んでおらず家主も家から利益を出すことをあまり考えていないので家賃が安い。という訳です。

じゃあ、どうやって探せばいいの?という事ですが、そういう家の情報はネットや不動産屋には当然なく、空き家を知っているのは地域の人達だけです。なのでそういう人達に家の情報を教えてもらう必要があります。

空き家の多くは親の荷物が置きっ放しだったり、お盆だけはその家を使っていたり、そもそもボロボロで住むことが出来ないというパターンで借りれなかったりします。
ただ、過去に誰かに貸していた事がある家、荷物などが置いてない家だと結構貸してもらいやすいです。

また、当然ですが地元の人は身元がよくわからない人などには家をあまり貸したがりません。ですが地元の知り合いから「誰々さん、家探しているのだけど貸してくれない?」と言われると「この人が言うなら貸そうか。」と言うことはあったりします。

以上から田舎の家賃が安い家は
地域の人と知り合う→過去に人に貸していた空き家を教えてもらう→然るべき人に紹介してもらう。

という流れで見つかったりします。
僕はそういう流れで貸してもらっています。

過疎化が進んでいる町では普通にそこら中に空き家があるので、結局地元の人との繋がりがあれば、探せば見つかるという感じがします。ですがその初めの繋がりを作るのがいちばん難しいような気がします。僕の場合はテント生活していた流れから家を貸してもらえましたが、案外こういう形で家を貸してもらった人ってそれなりにいるんじゃないかなとか思ったりします。串本にもそういう人が数人いるしね。

質問に真面目に答えるとこんな感じです。
ただの一個人がそう感じるってだけの話だし、「家を借りるにはまずテント生活から」って感じなのであまり参考にはなならないかも知れません。

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。