海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

タングドラム5作目完成



タングドラム5作目完成しました。

「低音を出すためには直径が大きければ良いはずだ。」

と思いボンベを探していると自動車用LPガスボンベというものがあったので購入

test6IMG_7448.jpg

価格自体はそれほどでもないんだけど大きくて重いので送料が結構かかってしまう。これをどうにかせんとなー。(´・ω・`)


切って

test6IMG_7483.jpg

test6IMG_7486.jpg

削って溶接

test6IMG_7493.jpg

塗装。そして完成。

test6IMG_7498.jpg


__________

上の動画で演奏している曲は「赤い屋根の家」です。

小学生の頃、音楽の授業で習った曲で今も心に残っています。
単純なメロディーなんですけど当時音楽の先生がこの曲を弾いているのを見て「ピアノが弾けるようになりたい!」と強く思ったのを覚えています。
この曲を聴いて懐かしいと感じたりする人も同世代の人にはいくらかいる・・・はず。


感想・課題


ボンベの直径を大きくしたら想像通り低い音が出るようになりました。
あと音量もボンベの直径と関係しているみたいで大きい音が出ます。
ただ、綺麗に音が出せる音域はF3ぐらいまでで、それより低くなるにつれて音が鳴らなくなり、「キシーン!」という打撃音が目立ってきます。本来ボンベが向いている音域(F4~F5くらい?)っていうのはある程度決まっているようです。高すぎる音も同様で強く叩かないと音が鳴らないです。そして強く叩くと今度は打撃音が目立ちます。

今後は高音と低音の打撃音が鳴らない、より音の響きが綺麗なタングドラムを作っていきたいと思います。

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。