トングドラム2号機の改良は結局うまくいかず(´・ω・`)

わたぐも

test6IMG_6976.jpg

ドラムのサイズを一回り小さくして上面・底面・側面全てに音を入れて、サビを落とし、塗装しました。
また、今回は調を下げて全体の音を低くしました。音階はソラシドレミファソです。
だけども、結局はいまいち音が響かない楽器が出来上がってしまいました。

失敗した原因


原因はなんども切り込みを入れては溶接を繰り返したからだと思われます。
こんな感じに。

test6IMG_6938.jpg

綺麗に溶接しようとすると今の機材・能力では大変労力が必要になってくるので、あえてそこまで拘らずに溶接してました。
2号機は海岸で拾ってきた時点でサビが酷く、すでにボロボロ。サビを落としていたら形がボコボコになってくるわ小さな穴が空くわ・・・って感じなのでそんなに神経質に作業しなくても良いのではないかと。
そんなこんなで製作を進めていると塗装をしてから一気に音の響きが悪くなりました。塗装する前はまだそこまで悪くなかったのだけどね。

多分溶接したタングの隙間のとこまでペンキが入って振動しにくくなったのでは思います。
タングは音の一番の要と言える部位なのでそこの溶接はしない方が良いみたいです。
一つでも音の響きが悪いタングがあるとお互いが共鳴し合う楽器なのでそのタングのせいで他の音も響かなくなってしまいます。あと、ビビリ音がやたら多い楽器になってしまいました。

まぁ、それはそれで味があるといえばあるんだけども・・・。
演奏動画です。納得のいくものはできなかったけど叩くのは楽しいね。雑な演奏ですが・・。



色々実験してみた結果、失敗するのはむしろ良い事だと思います。

他、良かった点は音を低くした事です。
このおかげで高すぎて音が鳴らない、というのは案の定なくなりました。
プロパンの音域はG5以上は作らない方が良さそうです。

側面を短くしたのは良かったかどうかいまいちわかりません。
音にはそれほど影響しないような印象を受けました。
小さく軽くなって持ち運びが楽になるという利点はあるように思いますが。

おまけ


test6スクリーンショット dfadfafafahh
溶接機を筆頭に電気工具をガンガン使っていたので電気代がどうなっているか気になっていたのですが、特段値上がりしていなかったです。ちょっと不安だったのですが杞憂に終わりました。良かった良かった(´∀`)

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。