潮岬、鯨山見の夕日について

わたぐも

朝は楽器製作。

横たわる2号機。線を引いて・・。
tet5lIMG_6778.jpg

Oh!彼は三等分されてしまうのであった・・・。
tet5lIMG_6781.jpg

そして・・・、こうしたいのです。これで音がどう変わるか確認したい。
tet5lIMG_6792.jpg

底も溶接して塞ぐ予定。こういう穴は共鳴の元凶になるので。
だけどもっと大きい鉄板で重ねる感じで溶接すべきでした・・・。隙間があるので苦労してます・・。
tet5lIMG_6793.jpg

鯨山見の夕日について


さて、ここからが本日の本題。

昼は暑くなってくるのでドライブ兼買い物へ。目的地は潮岬の鯨山見。ここですね。



空は澄んでいる。ただ台風の影響で波が高い。海岸線は少し霧が出ている。

潮岬の灯台へ向かう。

tet5lIMG_6826.jpg

灯台を抜けて、潮御崎神社へ。
tet5lIMG_6825.jpg

tet5lIMG_6796.jpg

鳥居をくぐり、階段を登る。登り切ると鯨山見の案内板があります。

tet5lIMG_6798.jpg

tet5lIMG_6799.jpg

両側崖になっている細い道を進みます。
tet5lIMG_6802.jpg

すると海を見渡せる広場に出ます。

tet5lIMG_6804.jpg

tet5lIMG_6805.jpg

かつてはここは回遊してくる鯨を見張る場所として使われていたようです。

さて、ここからでも十分迫力のある景色なのですが、実はこの柵を越えると下に道があります。
tet5lIMG_6807.jpg

tet5lIMG_6810.jpg

ロープを伝って急な崖を降りていくと・・・。

tet5lIMG_6811.jpg

tet5lIMG_6813.jpg

tet5lIMG_6814.jpg

tet5lIMG_6817.jpg

人一人分座れる小さなスペースに着きます。

目の前から真下まで全部海、まさに絶景と言える景色が広がっています。





鯨山見の夕日


数年前、今ぐらいの時期よくここで夕日を見ていました。

IMG_3855.jpg

MG_3473.jpg

th_IMG_3069.jpg

test3IMG_4639.jpg

ここは後一歩踏み出せば死ねるような場所です。どうにもならないような気持ちの時はここに来たくなりました。
なんていうのか、どうにもならない気分だからこそ身体だけは動かして気持ちに沿ったような場所行くっていうのが大事だったんでしょうね。
ここでこの景色を見ている時は色々な煩わしい事全てから解放されて、今あるのは「ただ夕日を見ている自分だけ」そんな気持ちになれたのです。

th_IMG_2671.jpg




___________

今はここに夕日を見にいくことはあまりないですが、またそんな時がくるのかもね。
次そんな気持ちになった時は、この場所に来るかどうかは知りませんが・・。

tet5lIMG_6831.jpg

この日も家の近くからの夕暮れを見て1日が終わりました。

海・空・音だけを感じる毎日です。自分が興味のある事ってほんとそれぐらいだからね。

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。