トングドラムを修復してハロワーク行って

わたぐも

「リリリリリリィーーーー・・・・」

起床。この鳴き声は、ヒグラシだ。

ついに家周辺の森でも鳴くようになった。

なんとなくピアノの椅子に座り、少しポロポロと弾く。
数分でヒグラシは鳴くのをやめてしまった。

海岸はあまりヒグラシがいない。今日も鳴いていたのは2匹ぐらいだったのではないだろうか。

今年は良い感じにピアノを弾けたらいいのだけど・・。

________


洗濯をして、楽器製作開始。

修復中のトングドラム1号機、溶接しては削ってを繰り返す。その後サビを落として音程のチューニング。

tet5IMG_6710.jpg

今日は結構アークを出し始めるのが上手くいったように思う。溶接は日に日に上手くなってるのが分かるから楽しい。人に教わらずにやってるので見る人が見れば実はめちゃくちゃっていうのもあるかもしれないが・・・。

午後は雇用保険説明会に参加するのでハローワークへ。串本に向かう。

tet5IMG_6714.jpg

椅子に座って用意された映像を見る。

・・・。・・・。失業認定、3ヶ月の待機期間、etc・・・。

・・・・。そういえば自分は失業者だ。
そう、求職活動をしなければいけない・・・・。という文脈に自分はいるのだ。

tet5IMG_6715.jpg

買い物して帰宅。再度楽器いじり。
修復中の1号機、前のように音が出て復活したのだけど、一部でない音もある。


色々原因を考えてみたのだけど、どうやら底の金属の部分が他の音と共鳴している事が原因らしい。

底はこんな感じ。

tet5IMG_6719.jpg

多分大きな穴を開けすぎて他の音に干渉しやすくなってしまったのだと思う。明日は切った底面を再度溶接して様子をみてみようと思う。

しかしまぁ、当然なんだけどタングドラム製作はわからない事だらけだ。作っててよく思うのだけどガンクドラムやプロパノータなどはどうしてあんなに音が響くのだろうか?同じく切り込みを入れている自分のとはどう違うのだろう?
プロパノータなんて本物がすぐそこにあるのに、それでもどういう違いで音に変化が出るのかよくわからん。
一体何が違うのか・・・。謎が謎を呼ぶ・・・。まだまだ試行錯誤が必要だ。

そして夕暮れ。ここのとこずっと大気はぼんやりとしている。水蒸気が多いのだろう。

tet5IMG_6724.jpg

1日が終わる。楽器作りをしていると1日が早い。今日はバイオリンの練習やってないなー。

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
Posted byわたぐも

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。