海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

大阪暮らし徒然・串本に帰ります

昨日、今日は親と墓参りやレストランに行ったり家の掃除とかしてました。

墓参り


tet5IMG_6524.jpg

墓周りの雑草抜いて、お水かけてお墓を洗って、花を供えて、線香を焚く・・・。

こういう動作って「死んだ人の魂がお墓に存在している。その魂にはこういう事をする良い」っていう解釈で行なっているとは思うのですが、別になんの根拠もないのに共通理解として多くの日本人がこういう事を行なっているってなんかすごいなぁと思います。
死後の世界とか魂云々というよりは、死んだ人に対してなにかしらの畏怖、作法的な行いをする事を大事にしているようにも思うのだけど、だとしたら死んだ人に対して敬意・心を整理するための行為の様式がみんな基本的に一緒ってなんだか不思議。その様式が根拠のないものならなおさら・・。皆、墓を買って同じ行為をするのに違和感はないのかな?何故切った石に霊がいると感じることができるのだろう?

レストラン


tet5IMG_6504.jpg

滅多に飲食店には行かないので新鮮だったのだけど最近って注文がタッチパネルになってるんですね。
確かにこうすれば厨房に直接注文が届くので効率的だと思います。

それに自分は店員さんとコミュニケーションをとるのが苦手なのでタッチパネルの方が良いです。
なんだろう?店の業務に熟知している店員さんに対して、客として関わるってなんか変に緊張しません?
そういうのに違和感あるのは自分だけかな?だからレジでお金を払うとかも苦手です。

スーパーとかでも今まで何千と客の会計のレジを打ってきているレジの人に対して、商品の会計をしてもらうってなんか違和感ありません?あの熟練された定型動作を見るのとか・・。

え?別に変じゃないって?はぁ、そうですか・・。

串本に帰ります


後は明日ここを出て行くので部屋の掃除をしてました。

今年は大阪で一人で暮らせる環境だったのでいつもより長く滞在しました。
確かに快適ではあったのですが、かといって自分が都会にいてもなぁ・・・という気もします。
そういえば今年の帰省では「人混み、車、バイク、マンション、家々・・・・。」そういった都会的なゴミゴミとした物にあまり拒絶反応がでなかったです。
人多過ぎ・・・うっとしいなー・・・。ぐらいには感じてはいましたが。

あと、母は僕と兄を会わせたかったみたいで、自分の帰省と兄の一時退院を重ねる予定だったみたいですが僕は兄に会いたいとも思わなかったので自分の方から断りました。
会っても良い事がないと思う人とはできる限り関わりは少なくするべきだと感じます。
母親は血の繋がりのある兄弟なのだから関わるべき、的な考え方だと思いますが自分にはよくわかりません。
ブログでいちいちこういうこと書く必要もないとは思いますが、兄の事を最近書いていないので気になっている方もいるみたいなので・・・・。

_________

というわけなので明日は朝一でここを出て串本に戻ろうと思います。



ルートはこんな感じかなぁ。帰りは、五条~十津川~本宮ルートで行こうと思います。向かう時ほどモチベーションが高くないのが辛いところや・・・・(´-ω-`)

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。