海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

サウンドポストセッターでバイオリンの魂柱を立ててみた

昨日も朝はバイオリンの練習・・・をしているとポストに郵便の入る音が。

ようやくサウンドポストセッターが届いた。練習なんてしてられん。早速修理や!

サウンドポストセッターはバイオリン内部にある魂柱を立てるための道具です。

tet5IMG_6113.jpg

こんな感じで魂柱を挟んでf字孔に通します。

tet5IMG_6123.jpg

下の小さな穴で確認しながら魂柱を立てます。

tet5IMG_6115.jpg

これを立てる場所が非常に重要らしいです。

tet5IMG_6125.jpg

どう重要かは素人の僕が書いてもしょうがないので詳しい話は以下のサイトを。魂柱を立てる際、参考にしました。

駒の運動~魂柱の役割

こういうのを読んでいるとバイオリンの内部って左右対称にはなっていなくて音が響く仕組みも、駒・魂柱さらにはバスバーというものが絡んでいて複雑なんだなーと感じました。かつての数々の制作者の試行錯誤の上でこういうバイオリンの形が出来上がったのだろうなと思うとなんだか凄いよなーと思います。

作業中、色々な場所に立てて試し弾きしてみると確かに場所によって音の響きが結構変わりました。最終的にだいたい、この辺が一番良く響くかなという所に決めたのですが、結論としては「うーん、やっぱちょっと響きが悪いなぁ・・・。」という結果に終わってしまいました。


(一応ちゃんとした音は出るようになりましたが、響きが物足りない感じ。iPhoneの録音では伝わらないようにも思います。)

響きがいまいちに感じるのは前回の指板の接着が影響しているのかもしれません。ですが、やっぱり魂柱の場所も不十分なんだろうなという気がします。一応素人なりに試行錯誤してみたのですが魂柱を立てるのはプロに頼むべきなのかなという印象を受けました。なぜなら魂柱をどの位置に立てたら良いのかは個々のバイオリンによっても違うらしいので。それじゃどこに立てりゃいいかわからんよね。(´-ω-`)

こんな感じでとりあえずこの日の修理作業は終わり。また後日再度トライするかもしれません。

tet5IMG_6127.jpg

昼食後、外にはもこもこ雲が・・。ニイニイゼミも鳴いてる。
夏始まってますやん・・・。

tet5IMG_6132.jpg

午後は、まだ行った事のない海岸を散策してました。結構近くの海岸なのですが知らない所に洞窟や小さな川があったりして中々面白かったです。ここでもテント生活できたかもなぁ・・とか思っちゃいました。

tet5IMG_6134.jpg

tet5IMG_6137.jpg

tet5IMG_6144.jpg

その後帰宅、夕飯、風呂。帰省の準備・・・などして1日は終わるのでした。

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。