海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

自作トングドラム(propane tank drum)完成。作り方とか分からない事とか

前回は音を順に並べて詰め過ぎた。今度は音の並びと間隔に注意して作るぞ・・・。

・・・の前に製作にはプロパンボンベが必要です。

なので海岸に捨てられていたプロパンボンベを拾ってきました。探せばあるものですねー。

tet5IMG_5958.jpg

中に入っているガスは危険なのでホースで水を入れて抜きます。臭いも除去する為に洗剤を入れ、水を一杯まで入れたまま一晩置いておきました。

tet5IMG_5959.jpg

今回は製作に一応成功したので手順を載せておきます。

製作手順



グラインダーの切断砥石で底部のリングを切断します。

tet5スfgkls

切断した状態。切断時にタンクに傷をつけないように注意します。これがドラムの演奏面になります。

tet5スクdsjかl

次に研磨砥石を使ってサビを落とします。

tet5IMG_5975.jpg

タンクの中心を探し、タング(叩く所)の形状を油性ペンで下書きします。
tet5IMG_5978.jpg

グラインダーで切り込みを入れ、角などの細かい箇所はジグソーで切断していきます。
この際、火花が飛んだりものすごい音がなるので耳栓やヘルメットをかぶって耳と目を保護する必要があります。

ある程度ジグソーで切り込みを入れたらチューナーを用意します。
希望する音に音程を合わせていきます。数ミリ単位で音は変化するので焦らず慎重に切り込みを入れ、切断しすぎないようにします。

tet5ファdhkじゃ

上面が完成。C5~C6の1オクターブがなるようになりました。

tet5IMG_5981.jpg

次は側面です。

tet5IMG_5983.jpg

上面と同様サビ落とし→下書き→グラインダー→ジグソー→チューニングの手順でやっていきます。

側面も完成。C4~C6の2オクターブがなるようになりました。

tet5IMG_5999.jpg

大方これで楽器として使えるようになります。

最後に塗装です。

tet5IMG_6034.jpg

出来上がり!



演奏動画






感想・疑問点など



感想

今回作ってみてわかった事はプロパンのサイズが小さくなるとそれに合わせて音の大きさと響きも小さくなるということです。
前回のプロパンボンベの直径は約35cmで今回のは25cmです。前回のは響きや音の大きさには満足していたのですが、今回のは音の響きが貧弱で正直言って物足りなさを感じています。(2オクターブ入れれた事や音が濁らないという点では満足しているのですが)


疑問点

しかしプロパノータやガンクドラムの直径は自分が作ったプロパンボンベとだいたい一緒なのですが明らかに自分のプロパンドラムより音が響いています。どうしてあんなに良く響くのかわかりません。

早い話、叩く箇所が振動し続ければ音が響くわけなので、叩く箇所の面積をでかくすれば必然的に音は響くようになるとは思うのですが、そうすると音程も下がります。

そしてこれまた分からないのですが、音程の仕組みです。
単純に叩く箇所の面積が大きくなれば音は低くなり、2倍にすると1オクターブ下がるようです。
ただ、それは要因の一つというだけで、今のタングドラムが完成した後試しにドの音を響かそうと思って根元のサビっぽくなっているトコを削りました。するとなんと1オクターブ音が下がってしまいました。やむえずタングの長さを切って短くし調節しました。

どうやら根元の太さは音程に大きく影響し、薄くなると音は下がるみたいです。

あと3オクターブ入れてみよう!と思い下の空いている箇所に上のタングの2倍程の面積を取ったのですがなんと上のタングより下のタングの方が音が高くなってしまいました。(上が「ラ」で下が「シ」です。)何故こうなったのか、もうこれに関してはさっぱりです。これもタングの根元の太さが関係しているのだろうか?

tet5IMG_6064.jpg

という感じで叩く箇所の面積以外にも色々な要因があるみたいです。これがわかれば音をどうすれば響かせることが出来るのかにも繋がってくるとは思うのですが今の所手がかりのようなものは全くありません。


次回のこと


今回の完成品、音の響きに不満があったり、わからない事だらけなのですが、形として一つの楽器ができたことは良かったです。

で、次回なのですがやはりもっと音が響く楽器を作りたいので1号機のサイズのプロパンボンベで作る必要があるのかなと感じています。でかい方が出せる音域も増えるだろうしね。

なので次回は真っ二つに切ってしまった1号機を溶接してまた元に戻し、今回のような音が濁らない音の配置にしたいと思っています。と言っても多分溶接でまた色々つまづくのではないかと思うのでどのみち1号機は練習用になるような気がします。次回溶接などで試行錯誤して勉強し、その後1号機と同じサイズのプロパンをどこかしらから手に入れて、いざそれから本番という感じになるかなと思っています。

というわけなので溶接機、手を出してみようか・・・。果たして1号機は元に戻るのだろうか・・。(´-ω-`)

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。