海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

すさみの風景をまとめる (コカシ峠・大鎌編)

配達辞めました!はい、おしまい!

・・・・。

という風にはしたくなくて、この機会に配達地域だったすさみ町、大鎌・佐本・里野・江住・江ノ川・見老津の風景をまとめていきたいと思います。

僕にとってはここの景色は一生の思い出なのです。それに読者の方にもこんな素敵なところを走っていたんだなという事を知ってもらいたいのです。

というわけなのでまとめていきます。


江住から佐本へ(コカシ峠)


景色をまとめるシリーズ、まずは江住から佐本へ向かう峠道の景色から。

この道はコカシ峠と呼ばれています。



細く長い峠道です。

tet5IMG_5707.jpg

test3IMG_3467.jpg

test2IMG_8734.jpg

道中突然廃別荘が出てきたりもします。
斜面に建てられているのでベランダや窓からの景色はさぞ良かったろうなと思います。

tet5IMG_5697.jpg

tet5IMG_5699.jpg

tet5IMG_5703.jpg

峠道では、山桜やツツジなどが綺麗でした。

test3IMG_3727.jpg

tet5IMG_4411.jpg

雨の日、山頂付近の道は霧に包まれ真っ白い世界になります。白い光の中で木々のシルエットだけが映るその光景は大変幻想的でした。配達するまでは雨の日にこういう場所を走る機会がなかったので初めて見た時は新鮮でした。
tet5IMG_2536.jpg

tet5IMG_4714.jpg

tet5IMG_9211.jpg

tet5IMG_9212.jpg

峠道は森の中なので、鹿・猪・猿、他キジやリスなど色々な動物と時折出会ったりもしました。

tet5DNcU8AA3Kgl.jpg


廃集落の一歩手前、大鎌


コカシ峠を登りきると大鎌への脇道が見えます。



集落へ下る道中、苔がびっしり生えた箇所が多々あるのですが、こういう景色はなんだか年月が感じられて好きです。

tet5IMG_5708.jpg

森を抜けると大鎌の集落が広がります。

test2IMG_0592.jpg

大鎌は山に囲まれ孤立した小さな集落で25軒ほど家があるのですが今は3世帯しか住んでいません。
新しい人が入ってこない限りここが廃集落になるのは時間の問題だと言えます。

放置された家々の様子。家の中に木が生えている所もあります。

tet5IMG_5616.jpg

tet5IMG_4273.jpg

tet5IMG_5715.jpg

tet5IMG_5389.jpg

橋を渡って配達してたりしてました。何気にこの景色が好き。

tet5IMG_0136.jpg

tet5IMG_0504.jpg

と、こんな感じで配達景色をまとめるシリーズ、コカシ峠・大鎌編は終わりにしたいと思います。次回は佐本編です。

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。