11月下旬の配達

わたぐも

「ピィーーー。ピィーーー。」

朝の音、鳥が鳴いている。

窓を開ける。

test2IMG_1683.jpg

ソワソワする。急ぎ足で家の前の海へ。



test2IMG_1699.jpg

あたり一面に広がる波状高積雲。

この景色を生で見た時のドキドキ感、胸の高鳴り。自分はやっぱり空が好きだ。


___________


郵便局へ。道順を組んで出発。

峠道を走る。

谷の冷たい空気。だけど服装は真冬の装備。全く寒くない。

ツクツクボウシが鳴かなくなり、風が涼しくなって、秋がきたのかな?
なんて思っているうちにもう冬が来た。秋って短かったんだな。

背の高い杉檜に覆われた細い坂道。他には何もない。自分だけ。
ここ最近ずっと海側を配達していたが山のこの静寂な感じもたまらない。

峠を越え佐本へ。

田んぼの畦に植えられたていた大豆は今、稲のはさがけと同じような感じで干されている。

庭先では南天の赤い実が目を惹く。

本当ここ佐本には昔ながらの農山村の景色が多く残っていると感じる。串本や周参見の海岸線ではこういう景色はあまりみられない。ここの景色の移り変わりを一年通して見れたことは自分の中で大切な財産になるように思う。


___________


配達が終わる。

暮れる海岸線を走る。オレンジに染まる水平線。

test2IMG_1892.jpg

帰宅。風呂釜に火をつける。

沸かすのに必要な薪もだいぶん多くなってきた。もう季節は冬に入り始めている・・。

web拍手 by FC2
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを投稿する

記事の感想用にどうぞ。一般に公開されることはありません。なので返信はできません。
コメント投稿確認の「メール・URL・パスワード・非公開コメント」は記入しなくて大丈夫です。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。