海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山で海・空・音を感じながら田舎暮らし

趣味として畑をするのか?

私なりに畑について書いてみます。あくまで畑を一年半程実際にやってみてこのように感じたという感想です。

畑をやる理由
私が畑をやっているのは物を買うのが嫌だからです。自分の生活を維持する為に何かを買い続けないといけないというのが気持ち悪いのです。その次に作物を育てる事でその植物の成長や生態を知るのが楽しいからやっています。
その為私は如何に費用と手間をかけずにたくさん収穫するか、その視点から畑をやっています。なので肥料は買いません。薬や防虫ネットなどもやりません。

堆肥について
堆肥は生活に出る生ゴミと自分の糞尿、海岸でとれる海藻です。一般にこれらの物は未熟堆肥といい堆肥化するまでしばらく発酵させなければならないらしいです。
ですが実際にそれらを発酵させて堆肥を作る必要があるのか疑問だったので私は未熟堆肥を直接畑に埋めて畝作りをしています。実感としては未熟堆肥でも育つ野菜は結構あります。
少なくとも未熟堆肥を入れるのと何も入れないのとでは雲泥の差であるように思います。
とりあえずこれでなんとかなっているので立派な野菜を作る為にコンポストを作ろうとかEM菌やら米ぬかを使おうという気にはなりません。

獣害対策について
良い土作りをするのはもちろん大事なのですがその前にまず作物を敵から守らなければ始まりません。野菜は育てるものではなく守るものだと感じています。
人のいない田舎でもっとも作物の天敵になるのが鹿、猿、イノシシなどの獣です。奴らから作物を守る為には支柱を立ててネットを張り巡らす、犬を放し飼いする、狩猟免許をとって畑に罠を設置するなどの手段があると思います。しかしネット・支柱を購入する費用・補修の手間、犬を飼うリスク、狩猟免許を取る為の手間・費用などを考えたら野菜を買った方が早いように思います。

私のお隣さんは昔はいろいろな野菜を育てていたらしいですが獣に何度も作物を食べられて育てるのがあほらしくなりやめてしまったみたいです。

現在私はお隣さんの使っていないネットや支柱を貸してもらいそれらを使って畑を始めましたが、鹿などが網を破って入ってくるとげんなりします。その日のうちに補修しないとまた入ってくるので仕事から帰ってきた後に暗闇の中でネットの補修をするのです。なんというか確かにあほらしくなってきます。
今年は台風の強風で防風林が折れて私の畑の端に倒れたのですが最近その木を足代にして鹿が入って来ています。

折れた木
IMG_8607.jpg
IMG_8606.jpg

青いネットの裏にある木が原因で鹿の侵入経路ができました。
IMG_8608.jpg

大木なのでどかす訳にもいかずその畑は止むなく放置しています。なのでニンニク、ジャガイモ、キャベツ、大根は見事に食べ尽くされました。数ヶ月して育てたものが一瞬にして消え去りました。
3ヶ所畑を借りているのですがそのうち一つはこのようにおじゃんとなってしまいました。

野菜作りは割に合うか?
で、野菜作りは割にあうのか?という事ですが確かに種だけまいて未熟堆肥ですくすく育ってくれる野菜は結構あります。週に一時間ぐらいのちょっとした労働で大量の野菜が手に入ったりします。
なので獣がいなければ割に合う、獣がいるなら割りに合わないと思います。

私の住んでいるような地域で野菜を手に入れたいのであれば大量生産された安価な野菜もしくは直売所の異様に安い野菜を買った方がいいように思います。

一からネットと支柱を買って獣害対策をし、野菜を育てる。という事はどうしても趣味の世界になってしまうように感じます。

web拍手 by FC2