海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

静かな生活

2017年3月17日(金) 快晴
 
6時半起床。

ホーホケキョ。早朝の鳴き声にウグイスが加わった。

弁当の準備。キャベツを切って、作りおきしておいたおかずを詰める。

パンを焼いて朝食。

職場へ。郵便物を区分けし、道順を組み立て、出発。


山道を走る。空は青い。


時折挨拶をしながら、受け取り主へ郵便物を配る。一人。黙々と配達。

庭先では水仙が咲き始めている。白木蓮はもうじきだ。


昼食。


再度配達。海岸線を走る。

雲一つない。海は青く、輝いている。


仕事が終わる。

夕暮れの空。海岸線を走る。辺りは徐々に暗く。


風呂釜に火をつけ、夕食の準備。

風呂、夕食。

静かな音楽を流す。そこに潮騒が重なる。最近波が高い。


横になる。潮騒が聴こえる。

web拍手 by FC2 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメント

記事の感想用にどうぞ。
コメント欄の一般公開はしていません。メールアドレスの記載がない場合は返信できません。ご了承ください。
他、質問・問い合わせはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。