海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山で海・空・音を感じながら田舎暮らし

サンゴ網を鹿・猿よけに

ここには鹿、猿がたくさんいます。

例えば道路を猿が横切ったり。森で鹿がガサガサやっていたり。猿がキーキーなくのを聞きながら昼ご飯を食べたり・・・・。そんな事が日常的にあったりします。

th_IMG_5875.jpg

という事は・・・、畑にも入ってくるわけです。

th_1IMG_7547.jpg

こういう網を張っていたのですが鹿は網の破れた所を徐々に大きくして中に入ってきます。猿は上から入ってきます。

過去にトウモロコシやらさつまいも、インゲンなどがやられました。

th_IMG_3178.jpg

鹿は網を何重にもすれば防げるのですが、猿は今も

「食いもんあるかいなー、適当に野菜物色していこかー。」

って感じで白菜とかブロコッリーを殆ど食べずに引っこ抜いていきます。

「どうせ引っこ抜くなら綺麗に食べていけや!ちくしょー!」

と思いながら野菜を植えなおして過ごしていると、漁師さんがサンゴ漁の規模を縮小するみたいで処分するサンゴ網をくれました。
th_1IMG_7778.jpg

(サンゴ漁とは中国で宝石やアクセサリーとして使われている知赤珊瑚を獲る漁です。)

というわけで網を張りました。

th_1IMG_7789.jpg

サンゴ網同士をロープで結合させて一つの網にしました。網は7枚使いました。天井は竹で支えています。

th_1IMG_7795.jpg

th_1IMG_7794.jpg

網はゆとりを持たせて垂れるようにしています。こうする事で猿や鹿が網に絡まりやすくなり近寄るのを嫌がります。キチキチに張るとかえって猿が網をつたって入りやすくなるようです。写真だと分かりにくいですが側面も網を張っています。

海底のサンゴを引き上げるこの網は固いです。ですが猿が本気でかかれば網は破られますので猿の好物(トウモロコシ、カボチャ、さつまいもなど)は今後も作らない予定です。冬瓜、インゲン、ジャガイモはなどは植えてみようかなと思っています。そこら辺のきわどいラインを狙っていってみます。

取りあえずは「猿が何となく畑に入って食べずに野菜を引っこ抜いていく」という事態にはならなくなったと思います。

__________

おまけ

th_1IMG_7741.jpg

畑で菜の花が咲いています。

パスタに入れていただきました。菜の花美味しいです。

th_1IMG_7819.jpg

こちらは小松菜。葉っぱが大きくなってます。

th_1IMG_7801.jpg

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。
コメント欄の一般公開はしていません。メールアドレスの記載がない場合は返信できません。ご了承ください。
他、質問・問い合わせはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。