海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

ウツボを捌く。獲り方を模索する

〜前回のあらすじ〜

ウツボを取りハモ胴を購入

次の日に二匹捕獲

捌いてもらって干す

ウツボは罠でとったら楽勝やん! ←今ココ



その後も同じ場所に罠を設置。だけど捕まらない。

そしてその場所は時折大変波が荒くなります。

こんな感じで。

th_IG_7286.jpg

落ちたら死ぬで・・・。とか思いながら罠を設置。


次の日見に行くと波にもまれまくってフタの部分が消滅した無惨なハモ胴の姿が・・・。

Oh・・・まだ二匹しか捕まえてないのに。ショック・・。

悔しかったのでもう一度ハモ胴を購入。わいは海の獲物を捕りたいんや・・・!

今度は波の来ない潮溜まりや浅瀬にセット・・・

th_IMG_7373.jpg

してみたのだが何週間も餌を変え場所を変えても全くとれない。

やはりある程度外の海に面している所じゃないととれないようだ。しかしそういう所は大抵波がもろにくる・・・。
良い所が何処かないだろうかと、干潮時に磯を散策。

そして珊瑚が生えているようなそれなりに深い場所だけど波もあまりきつくない所を発見!いざ設置・・・・。

th_MG_7595.jpg

次の日・・・。

ウツボきたー!

th_IMG_7518.jpg

前回はあまり写真が撮れなかったので二回目のウツボはしっかり写真・動画を獲っていきます。

海から引き上げてからもう何十分も経っているのに元気です。



今度は自分で捌きます。

まず頭に釘をうって体を固定し殺します。

th_IMG_7525.jpg

こういう風に写真や動画を撮ってブログにあげていると楽しみながらウツボを殺しているように見えるかもしれませんが、生きているものを殺すあの過程は残酷さを感じます。苦しみながら死んでいく様子に命を奪っている事を自覚します。その感覚はスーパーで死んだ肉を買っても感じられないと思います。

上の方から包丁を入れます。皮がめっちゃ固いです。

th_IMG_7527.jpg

内蔵と中心の骨が出てきます。

t_IMG_7528.jpg

それらを身と切り分けていき取り除きます。

th_IMG_7529.jpg
h_IMG_7530.jpg

頭を分離。頭は今後の餌になるので冷凍保存。

th_IMG_7532.jpg

その後竹串をさして・・・・

th_MG_7538.jpg

出来上がり!

th_IMG_7540.jpg

次回は色々な食べ方を試してみたのでそれを書きたいと思います。

web拍手 by FC2 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメント

記事の感想用にどうぞ。
コメント欄の一般公開はしていません。メールアドレスの記載がない場合は返信できません。ご了承ください。
他、質問・問い合わせはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。