海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山で海・空・音を感じながら田舎暮らし

22日、腱板断裂について考える・日々の演奏36

5時、腕に軽い痛み。

目が覚める。痛みで目が覚める事はなかったので少し不安を感じる。



朝食。食器を洗う。

安静を意識すると基本的にやる事はない。

肩の損傷の程度もまだはっきりしていない。

先が分からない不安の中で時間を持て余すのは精神的に良くない。


腱板断裂について書いているサイトを色々回る。治療法や手術の体験を書いたブログなどもいくらか読む。

・・・・。

腱板断裂の多くは保存療法(手術しないでリハビリで治す方法)で軽快するらしい。なので最初から手術を考えるという事はなく、2〜3週間は様子をみるのが普通のようだ。腱が全部切れている完全断裂だと手術だが一部切れているような不全断裂だと必ずしも手術という訳ではないらしい。

保存療法でストレスなくバイオリンを弾けるようになれば、一番良いのだがまだ肩のダメージがどれほどのものかわからない。


次回の診察では

「どこの筋が損傷しているか、腱は何割程切れているのか、最終的にはバイオリンの演奏が問題なく出来るようになりたいと考えている事」

これらがある程度分かるのであれば聞かないといけないように感じた。



昼食。

昼寝。

再度腱板断裂について調べる。

・・・・・・。

今日は一日中外に出る事なくずっとパソコンの前に座っている。こういう生活は生きた感じがしない。体を動かしたい。

少し散歩。

季節外れのユリの花が咲いている。

th_gIMG_5099.jpg

あとタンポポも。確か1月にもここでは違うタイプのタンポポが咲いていた。タンポポって割と色々な種類が時期時期に咲くものなのかな。

th_gIMG_5098.jpg




帰宅。メールなど返信。

腱板断裂についての反応はそれぞれだった。

「今すぐ大阪に帰って大きな所で再検査してもらった方が良いのでは?」

「大阪で手術を受けた方が良いのでは?」

「指の腱を切った事がある。手術とリハビリで治った。」

「足の腱を切ったが、リハビリだけで治った。日常生活に支障はない。」

という感じ。

また、整形外科医の方が過去の訪問者さんの友人にいてピンポイントで今不安に感じていた事を答えて下さったのでそれも非常に参考になった。本当、世の中何がどう繋がっていくか分からないものだと思う。

他、応援のコメント・メールありがとうございました。そういうメールやコメントを頂くとやっぱり気持ちが和らぎます。

腱板断裂に関しては急いで手術を受けなければいけないという感じではないのでとりあえずは様子見をして肩がどれほどダメージを受けているか見ていこうと思います。その経過を見ながら今後の診察で不安に感じるような事があれば田辺や大阪の整形外科で診察を受けることも考えていこうと思います。


風呂釜に火をつける。

夕暮れの時間。あの丘へ。

th_gIMG_5177.jpg

明日は赤い景色がみれるだろうか。



風呂。夕食。

今日は海にも空にも夕陽にも音楽にも触れていない。

スピーカーからは僕の過去の演奏が流れている。

ピアノを弾きたい。右手で演奏する。







今日も潮騒は荒い。

虫の鳴き声は確実に減っている



10時就寝




web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。