海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山で海・空・音を感じながら田舎暮らし

今日も、海を眺めていました。

遠くまで広がる海と空。ゆったりと海はうねります。

景色は干渉してきません。できるのは感じ取る事だけ。

水平線には貨物船。時折、鳶が空を飛び、魚が水面を跳ねます。

綿雲は形を変えながら空を横切ります。

海は陽の傾きにあわせて少しずつ色を変えていきます。



いつもこの木の下で海を眺めています。
IMG_8327.jpg


web拍手 by FC2