海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山で海・空・音を感じながら田舎暮らし

静かな生活4、自分でピアノの調律

ヒグラシの鳴き声で目が覚める。ピアノの練習。

洗濯を済まし、昨日のブログを更新。



「浜の草刈やっといてーよ」

と言われていたので家の前の海に降りて海岸の草刈。



帰宅後、ご近所さんも草刈をしたらしい。刈った草を燃やしていて、煙がやたら出ている。

「おぉ。今日は盛大に燃やしているなー。すげー煙でてるぞ。」

と思いながら見に行く。

ばちばちと音が凄い。

・・・・。




見に行ってみると畑一帯が燃えている。

火事やん、これ。





ホースを持ってきて近隣の人達と一緒に消火活動を手伝う。

幸い消防車を呼ぶまでにはいたらなかった。

風が吹いて隣の畑に火が移ったらしい。煙も凄かったけど音も凄かった。

th_IMG_3750.jpg

近所の人達が「私も昔これで火事しそうになったわー。」という事を話し始める。

「野焼きから火事に」というのは結構、田舎あるあるらしい。

なんだか一仕事した気分に

th_IMG_3767.jpg


今日は飛行機雲が冴える。ここ最近、空が澄んでいる日が多いように思う。

こんな日は海もきれいに青く映る。



_______



昼食後、家の掃除。

読者さんから「わたぐもさん、ピアノの調律、不十分とちゃいます?」とのコメントを頂いたので、ピアノの調律をする。

「音がズレてるのも味のうちっしょ。」みたいな感じで今まで放置していたのだが、コメントを頂き良い機会だなと感じ、やる気に。

こんな器具と普通のチューナーを使って地道に音を合わせています。

th_IMG_3755.jpg

僕の場合はまず一つづつ音を鳴らしていって「あ、この音気持ち悪いな。」と感じた音からなおしてます。その後1オクターブ高い音と一緒に再度音を鳴らしていって「あ、この音気持ち悪いな。」というのが見つかればまた合わせていくというのを繰り返しやってます。

このやり方は多分正しくはないのでしょうけど、完璧を求めようとすると特に個人レベルではいくら時間があっても足りないと思います。

個人で調律する場合、本人が音のずれに対してどれだけ気になるかという事が大事なような気がします。そして気が向いた時に気になる音だけ調律すればいいのではと感じます。


「自己満足でお金をかけず、気が向いた時に気になる音だけ調律する」

それが個人で調律する事の魅力ではないでしょうか?


・・・・・。

・・・・・。


という事を特段、特別な音楽教育を受けていない素人が言っているのでした。決して参考にはしないように。



その後Sさん宅に泊まっている方が家にきてくれたので雑談をしてピアノ演奏を聴いてもらう。



その後風呂に入って夕日を見に行く。

今日は家の近くの夕日の丘から






IMG_3766.jpg







夕食。ブログ更新。


____________


という感じで今日も一日終わりました。

最近もっぱら日常の記事が増えましたが、こういう取り留めのない日常を毎日面白く表現できる人は凄いですね。

そういう人はきっと文章に対してセンスがあり、また思考力のある人じゃないかなと思います。

日常の会話でも話に広がりを持たせられる人じゃないかなーと思います。



と、そんな事を感じる今日この頃です。

という訳でおやすみなさい。

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。
コメント欄の一般公開はしていません。メールアドレスの記載がない場合は返信できません。ご了承ください。
他、質問・問い合わせはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。