海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山で海・空・音を感じながら田舎暮らし

テント生活のお話1 なぜテント生活をしていたのか

テント生活をしていたとプロフィールに載せているのですからその事について書いてみようと思います。期間は2013年の1月下旬〜5月中旬までの4ヶ月間でした。

まずなぜテント生活をしていたのかですが、まだ自分の中で消化できていません。自分の大学生活を振り返りながら書いてみようと思いますが随時書き直すような気もします。
経歴・生い立ちをみてもらったら何となく分かってもらえると思うので消しました。

1月の真冬に大学を卒業し、グーグルマップをみながら理想のテント生活ができる場所を求めて原付を走らせました。当初は全く人の来ない海辺でテント生活し定期的に短期の住み込みバイトをしていこうと考えていました。


出発時の写真
th_IMG_7359.jpg

アパートの駐輪場です。バイクはホンダのtodayです。バイク屋でこれが一番安かったので買いました。

誰も人が来ないような場所で何ヶ月もテント生活するには電気が欠かせません。なので30wの小型ソーラーパネルを乗っけてます。ヤフオクで3580円で買いました。これは活躍しましたね。あとフロントの前に寝袋とテントを引っ付けていたのですがその写真は撮ってませんでした。

ボックスの中には生活必需品が入っています。在学中に使っていたカセットコンロ、フライパン、コッヘルなどの調理器具、他に衣類、最低限の食料、調味料などが入っていました。




次はこちら



web拍手 by FC2