海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山で海・空・音を感じながら田舎暮らし

海辺の休日5

5時起床。

今日は宿直明け。施設の解錠したり新聞を配ったり通所施設の営業準備をする。

仕事が終わって朝帰り。

IMG_3272.jpg

海もいいけど山と川の景色も良いですね。


_______

帰宅。

洗濯を済ます。

昨日、一昨日漬けたキュウリや白菜・ナスなどを取り出す。

th_IMG_3269.jpg

野菜を突っ込んだら漬け物ができている。ぬか漬で乳酸菌もとれるみたいだし体にも良かろう・・・。言う事なしや・・・。

ぬか漬け・・・。気に入りました。

キュウリをいっぱい漬けてたのでお隣さんに持っていく。


雑談。

シュノーケリングで気をつけないといけない事とか海中は何処が綺麗だとか、ここの台風がどれだけ恐ろしいかとか・・・。そんな事を話す。

お昼ご飯を呼ばれる。お隣さんは僕に対して孫みたいな感じで接してくれるので有難い。



家に帰ってバイオリン、ギター、歌の練習。

・・・・。

練習・・・、するも眠い。

宿直の日は夜中にどうしても何度か目が覚める。
慣れない所で寝ると中々眠れない。朝は朝食の準備の音で早くに目が覚めるし・・・。
これさえなければいいんだけど。

眠いなぁ・・・。とか思いながら練習。
当然演奏にも身が入らない。だらだらと3時過ぎぐらいまで練習。


その後、風呂釜の火をつける。

そして海辺の休日に加えられた新たな日課。珊瑚を見に海へ。

潜る・・・・・・。

・・・・。

・・・。





写真はないです。すいません。今後のわたぐもの活躍にご期待下さい。




まだシュノーケリングには慣れてなくて今後のシュノーケルライフを楽しむ為に今は浅瀬で体を慣らしているという感じです。

それでも磯を潜っているとある時こう

「スーーーーー」

っと潮の満ち引きで体が引込まれる事があるんですよ。

そうなると僕はまだ慣れてないので「お!」「おおお!何だこれ!」「こえー・・・。」

ってなります。だいたい一回目潜った時も「海水ってこんなに体浮くんだ。すげー。」って感心しちゃうぐらい僕は海に対して初心者なのです。

で、こういう殆ど人が来ないプライベートビーチみたいな所でそんな男が一人海に潜るのだから、まぁちょっと恐ろしいですよね。珊瑚とか磯の岩で手を切ったりもするし、手袋とか何かしらのスーツを着た方がいいのかもしれません。

という訳でまだまだシュノーケリングに体をならす必要がありそうです。潜る事に対してもまだ怖さが結構あります。


一時間程潜って磯に上がる。

わかってはいたけど寒い。とにかく寒い。

震えながら家に帰ってそのまま風呂へ。そして極楽へ。

ほんと海から家に徒歩で行けるっていいですねー。



風呂から上がって、夕暮れの時間に。

今日はお隣さんが「里野の山道走れば綺麗な夕日が見える所があるかもね」と言っていたので新たな夕日スポットを探すべく里野へ。

が、里野の林道を走れども走れども開けた所は見つからず、夕焼けを見逃す。

木々の間から真っ赤に染まる空を見て・・・。あぁ、後悔・・。

夕日ウォッチャーとしてはあるまじき失態。

今日は西の空が曇り始めていたからどうせ夕焼けは見れないと思っていたんだけどなー。

夕焼けは最後まで予測がつかない。肝に銘じなければ・・・・。


____________


帰宅。

夕食は半額挽き肉のピーマンとナスの炒め物。トウモロコシ。キュウリのぬか漬け。みそ汁。

今日もこんな感じで一日過ごしました。睡眠不足と夕焼けを見逃したので今日はいまいち煮え切らない休日でした。

という訳でおやすみなさい。

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。
メールはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。