海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山で海・空・音を感じながら田舎暮らし

海辺の休日4・潮岬の夕日7

5半時起床。

洗濯をすまして朝食(じゃがいも)

用事で周参見へ

無料の高速ができた為、周参見ー江住間の国道は殆ど車が通りません。

途中の見老津には民家の全くない完全海と山だけの場所があります。

道中の景色

IMG_3190.jpg
IMG_3191.jpg

海は澄んでいて、山は青くて、雲が浮かんでいて・・・。

その景色が僕はやっぱり好きで、ちょっと目が潤んでしまう。

晴れの日に海岸線の道を走ると感動してしまう。僕は安あがりな人間です。

今はもっぱら潮岬で夕日を撮っていますが冬はこの海に陽が沈むのでその時期になったらこの辺りの夕日を撮影していこうと思います。


____________


用事を済まして昼に帰宅。割と話が弾んで楽しかった。やっぱり人と笑いながら話すと相手がどういう人だとかあまり関係なしに心が軽くなる。

純粋に笑いながら人と話す事自体に癒しを感じているみたい。

その意味で人の力は凄いと思う。

ただ、こういう心が軽くなる感覚はなかなか自由にはならないけれど・・・。


昼食(パスタ)

食後、暑い・・。

・・・・。

もう夏やんこれ!




という訳で海へ。

家で海パンに着替えて、そのまま徒歩で海にいけるから嬉しい。

IMG_3209.jpg

家のすぐ前の海に潜ったのだけど本当に綺麗だった。

光の反射・魚・珊瑚・ウニ・ナマコ・・・・・。

言葉通りもう別世界。新たな水中世界を見てしまいました。

一回潜った時点で、今年の夏はシュノーケリングが趣味になる事を確信しました。

いずれ水中カメラでその美しさを見てもらいたいと思います。乞うご期待。


しかし足の着くような所であんなに珊瑚が所狭しと生えているなんて思わなかった。

できるだけ珊瑚は踏まないようにしたけど足場がなくていくらか踏んじゃうと簡単にパキポキ折れていってしまった。
珊瑚があんなにもろい物だとは知らなかった。地元の人曰くあれはすぐに復活すると言っていたけれど。


海水が思った以上に冷たかったので一時間程であがる。
海から出た後は鳥肌がたっててちょっと震えた。僕は痩せ型なので寒さに弱いです。

塩を流して夕暮れまでバイオリン、ギター、歌の練習。
技術的にまだ稚拙だけどもう少しうまくなったらアイリッシュフィドルの動画とかもあげてみたい。

風呂に入って潮岬へ夕日を見に行く。道中の景色。

IMG_3236.jpg

もうこの見に行くという行為の時からすでに、あの独特な感覚になっている。

景色の中に自分が溶けていくような、そこにいるのが自分だけのような、あの感覚。

それを味わうために僕は夕日を見に行っているのかもしれない。



今日の夕日はどう映るのか・・・。






IMG_3218.jpg

やっぱり僕はこの景色を見ないと駄目です。

IMG_3235.jpg

一日が終わる。





________

夕飯は炊き込みご飯、半額餃子、みそ汁、納豆。

今日も海・空・夕日・音楽に癒された一日でした。

風景や音楽の美しさというのは余計な事を考える必要がなく、純粋にそれを楽しむ事ができるように思います。

という訳でおやすみなさい。

web拍手 by FC2

コメント

記事の感想用にどうぞ。
コメント欄の一般公開はしていません。メールアドレスの記載がない場合は返信できません。ご了承ください。
他、質問・問い合わせはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。