海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

仕事がある日の楽しみ

それは通勤です。
通勤は私の娯楽です。海岸線の道を原付でゆっくり法定速度で走るのです。
毎日空の色は違いますし、海の色も違います。雲が出ている日もあればそうでない日もあります。

私の集落から国道に出る迄の小道。2.5km程続きます。美しいですね。
IMG_8533.jpg

IMG_8430.jpg

国道に出てしばらく海岸線を走った後、小さな町を抜けるのですが、そこで海を眺めるおじさん、魚を捌く漁師さん、干物を作るおばちゃん、世間話しているおじちゃん、おばちゃん、通学する小中学生という景色が流れていきます。

人の活動を景色として眺めていると
「今ここだけでなく日本中で人が活動を開始しているのだなぁ。すると昨日ブログで見たあの人達も今同じ日本で活動を開始しているのだろうか?あの人達との接点は文章だけだけど僕と同じ時間を今、生きているのだろうか?」
と不思議な気持ちになってきます。

町の景色。山が迫って平坦地が少ないので民家が密集しています。
IMG_8495.jpg

家から職場まで信号が二つしかないのもまたいいですね。信号で何度も止められるとせっかくの通勤が興ざめしてしまいます。



仕事が終わって家に帰るあの時間も何とも言えません。国道、最後の集落を抜けて私の家までしばらく海岸線の小道を走るのですがあのときの町、世間から離れていく感覚がいいのです。
IMG_8492.jpg



そんなわけで今日も今から通勤してきます。景色を楽しんできますねー。

web拍手 by FC2 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ