海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

道端の残骸

th_IMG_2065.jpg通勤は私の娯楽です。

海・空・山・川はいつも違います。

th_IMG_1822.jpg

そして割といつものように車に轢かれた死体が道に転がっています。

あれはイタチか。

あれはたぬきか。

あれは・・・・。

・・・。


日常の延長に死体。

今まで生きてきただろうに、運が悪くて死んだ。

そんなあっけない姿が毎日のように晒されている。



・・・・。

あれは野うさぎか・・・・・。

カラスが残骸をつついてる。

・・・・・。

あのウサギがかつて持っていた世界が消えた。

あのウサギだけしか感じる事のできなかった世界が一つ消えた。

大した理由もなく。



・・・。

その光景を見ていると自分が持っている世界も特に理由なく運が悪かったら消えてしまうものなのだろうかと思ってしまう。

すべての生き物がそれぞれ個々の世界を持っている訳だけど、その世界が大した理由なく消えてしまう。しかもその事が当然のように日常に晒されている。

死体を見てそんな信じられないような世界に生きているのだなぁと感じます。

th_IMG_2065.jpg

web拍手 by FC2 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメント

記事の感想用にどうぞ。
コメント欄の一般公開はしていません。メールアドレスの記載がない場合は返信できません。ご了承ください。
他、質問・問い合わせはwatagumohuwahuwa@gmail.comにお願いします。