海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山で海・空・音を感じながら田舎暮らし

日々の生活と時間の流れ

th_IMG_9412.jpg「通勤・仕事・夕焼け」

最近の毎日はこの三つに分けられます。


通勤

毎日の空の色、雲の広がりは違います。

th_IG_9515.jpg

th_IG_9403.jpg

th_IG_9366.jpg

最近通勤ルートにこんな花が咲き始めました。

th_IG_9444.jpg

通勤途中に見る雑草も花を咲かせ日々成長しています。

th_IMG_9580.jpg

日々の微妙な景色の変化。

その景色を眺めることで自分が一日・一日の季節の変化の中にいる事、その流れの中で同じ行動を繰り返している事を実感します。

「今日も朝起きて、仕事して、夕焼けをみて寝る。今日はどんな夕焼けが見れるのだろうか?」

通勤中はそういう一日単位の大きな時間の流れの中に自分がいます。


仕事

職場に着けば介護の仕事が待っています。

同じ作業をずっと繰り返すという場面はまずなく、その時・その場面に合わせて行動します。

仕事をしていると大きな時間の流れを感じません。意識がその時、その瞬間に向いているからです。

仕事が終わった帰り道、私は再び大きな時間の感覚に入ります。すると働いていた8時間が一瞬だったように感じるのです。

一瞬すぎて同じ自分が本当にその時間を過ごしていたのか不思議な気持ちになります。

「あれ?今日は俺でない別の誰かが仕事に行っていたんだっけ?仕事をしていた自分と今、流れていく景色の中にいる自分が連続した存在であるという感覚がしない。」



夕陽

仕事が終わって夕陽を見にいきます。

夕暮れの景色は影が長く、空と海の色も昼間の真っ青から薄い水色に変わっています。

単車を走らせていると自分もその陽が傾いていく景色の中に混ざっていくような感覚になっていきます。

「もうじき日が沈む。今日は空が澄んでいて、雲が適度に広がっている。この状態だとどんな夕焼けが見れるのだろうか。」


・・・・。


th_IMG_9547.jpg

180度のスクリーンに映し出される夕焼け。

本当に最高の芸術だと思います。

th_IM_9559.jpg


この景色はその時間、その場所に居るだけで見る事ができます。

誰かからの許可や入場料など何も要りません。

th_IMG_9412.jpg



こんな感じで毎日が過ぎていきます。

通勤・夕焼けを眺める自分と、仕事中の自分。

時間の流れの中にいる自分と、その時・その場面で動く自分。

私は時間の流れを感じている・夕陽を眺めている自分が好きです。だけどずっとその状態ではいれません。

両者の私が全く違う時間の流れにいるので一日の内に自分が二つの世界を行き来しているように感じます。

web拍手 by FC2