海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

はじめに

始めに私が辺鄙な海辺で暮らす理由を書きます。

 一つは人が近くにいるところは落ち着かないからです。在学中はアパートに住んでいましたが隣の人の生活音などが聞こえてくると自分の生活に他者が割り込んでくるように感じられて圧迫感がありました。
 もう一つは自然が大好きだからです。特に海・空・夕陽は大好物です。空と海に映し出される景色の移り変わりは芸術だと思っています。
 人がいなくて落ち着ける場所で音楽を楽しみながら海と空を眺めてゆっくりしたい。手っ取り早くその夢を実現する方法は海岸でテントを張って生活することだ・・・。ということで大学卒業後は磯でテントを張って生活していました。現在は空き家に暮らしていますが。
 一人で海辺に・・・。という生活は当然お金を生み出しません。生きていく為にはやはり仕事をしなければなりませんが、自分は集団の中で働くのは苦手なのでお金はなかなか稼げません。一人でいる事が多いので暇や孤独と向き合わねばならない事も多いです。
 このブログはそんな私の考え方や暮らしぶりを公開する所です。このブログを通して自分と共感するような人と出会う事ができたらいいなぁ。


web拍手 by FC2 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ