海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

帰省しました

年末年始はまとまった休みと有給を取らしてもらったので昨日一年ぶりに実家、大阪に帰省しました。実家と言ってもそこには高校時代しか住んでいません。子供の頃は引っ越しが多かった為私にはここが故郷だと感じる所がありません。漠然と関西人であるという感覚はありますが。以下旅のダイジェスト出発。バイクで旅立つときは妙な高揚感に包まれますね。 途中電車に乗り換えました。電車の中にはたくさんの人。その人達それぞれに...

好きな音楽 - rintaro iwashita 岩下倫太郎

rintaro iwashita - WinterKalillon 101 "Winter" by Kalillon静かで温かな良い曲ですね。寒い冬の日に暖房の効いた部屋の中でゆっくり聴きたくなります。私は上の音楽を聴いた時、何となくLullatoneのSongs that Spin in Circlesが浮かんできました。Songs that Spin in Circles by Lullatonerintaro iwashitaさんは過去にこのような曲を作っていました。rintaro iwashita - radiosonde空間を感じます。センスが素晴らしいです。...

ピアノ

私の家にはピアノがあります。ピアノは実家においていた物です。今年の4月頃親が引っ越しする為、家に残っている私の荷物をすべて処分する事になったのです。ピアノを処分されると困るのでこっちに送って欲しいとお願いしました。その後、私の荷物はほぼ処分されたのですが、結局親は引っ越しませんでした。父は引っ越しに乗り気でしたが母が嫌になったみたいです。何はともあれ私の家にはピアノがあるのです。一人で演奏するより...

光・音のない空間

ついに夜の虫は完全に鳴かなくなりました。家の周りには街灯もありません。海からは少し離れているので波の音も聞こえませんし、今の期間は月もでていません。なので家の外はただ暗闇と音のない空間が広がっています。これが訪れると冬が来たという感じがしますね。私の冬の楽しみの一つです。家の外に出ても自分に干渉してくる音は全くありません。光は目をつぶれば遮断できますが音は意図的に遮断することはできません。その遮断...

放置・未熟堆肥で育つ野菜、獣に食べられない野菜について

放置・未熟堆肥で育つ野菜、獣害について僕が感じた事をまとめます。地域や周りの環境によっても育てやすい野菜は大分違うと思います。僕の住んでいる所は虫や獣がたくさんおり、真冬でも0度以下には滅多にならない殆ど雪の降らない地域です。文中に出てくる未熟堆肥は自身の糞尿、生ゴミを直接畑に埋めたものです。放っといたら育つ野菜春菊 ワケギ インゲン さつまいも ニラ シソ未熟堆肥で育つ手間のかからない野菜オクラ...

テント生活のお話6 漁が終わる。ダニが活動し始める

今回はダニの写真がでてきます。グロくはないと思いますが一応グロ注意と書いておきます。5月になり一時期賑やかだったこの海岸も漁のシーズンが終わってまた静かになりました。効率的に火が燃えるかまど作りや屋根となるブルーシートの張り方の要領がわかってきて暮らしの質が良くなってきます。穏やかな晴れの日雨の日も晴れの日も海を見ながら淡々と過ごしていました。5月下旬頃徐々にあったかくなるにつれてダニの活動が活発に...

夕日が綺麗でした

赤く染まりながら。今日も、一日が沈んでいきました。...

趣味として畑をするのか?

私なりに畑について書いてみます。あくまで畑を一年半程実際にやってみてこのように感じたという感想です。畑をやる理由私が畑をやっているのは物を買うのが嫌だからです。自分の生活を維持する為に何かを買い続けないといけないというのが気持ち悪いのです。その次に作物を育てる事でその植物の成長や生態を知るのが楽しいからやっています。その為私は如何に費用と手間をかけずにたくさん収穫するか、その視点から畑をやっていま...

テント生活のお話5 地元の人と話す。フレンドリーおじさんと出会う

4月4日頃に住み込みバイトが終わってまたテント生活に戻りました。僕がテントを張っていた海岸では4月頃から貝やひじきなどの解禁日となり、この頃から地元の人と話す機会ができました。初めて話した地元の人はテント前で素潜りしていた漁師さんでした。テント生活2ヶ月目にしてはじめて地元の人と交流した事になります。それぐらいここには人が来なかったのです。「兄ちゃんここで生活してるん?よぉやるなぁ。」この漁師さんから...