海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山で海・空・音を感じながら田舎暮らし

はじめに

始めに自分が辺鄙な海辺で暮らす理由を書きます。一つは人が近くにいるところは落ち着かないからです。在学中はアパートに住んでいましたが隣の人の生活音などが聞こえてくると自分の生活に他者が割り込んでくるように感じられて圧迫感がありました。もう一つは自然が好きだからです。空と海に映し出される景色の移り変わりは芸術だと思っています。静かな場所で音楽を楽しみながら海と空を眺めてゆっくりしたい。そんな生活は当然...