揚煮をもらう。野菜を郵送。レンタカーでドライブ

10月6日家主さんの親戚の方からウツボの揚げ煮を貰う。この方がくれるウツボの揚げ煮は美味しいのだよね〜。お昼ご飯にいただく。昼食を食べながら演奏用台座の素材や厚さを考える。すると参考になりそうなサイトを発見。かなり色々なことが詳しく書かれているが結論としては木材は厚みは1.5mm程度、硬いほうが良いらしい。サイズは大き方が低音が響くらしい。ホームセンターでそれに近いものを買ってみよう。午後、オクラとモロヘ...

ヤマモモの収穫してきた

オクラの芽がでてきた。種を蒔く時期が遅いけどまだ大丈夫なはず。遅まきは背こそ低かったが寒さにやられない為かしっかりしたオクラが育った記憶がある。ツルムラサキは苗がホームセンターに売ってなかったので初めて種から育ててみる事に。もっと気温が上がらないと発芽しずらいと思われるがどうかなー、うまく育って欲しいが・・・。おそらくこれがツルムラサキの芽だと思われる。今の所二つ。あんまり発芽してないなー。畑掘り...

家の畑とか生き物の様子

家に着く前、畑がどうなっているか気になっていた。というのも一応ニンニクだけは植えてここを出ていったからだ。だけど畑はこんな感じでぐちゃぐちゃ。これは草刈りした後なのだけど、する前はでっかい雑草が伸びていた。畑の中の雑草は鹿に食べられない分、育ちやすいのであろう。どうやら一度カラスノエンドウ?的な豆系の雑草がこの畑を覆い尽くした後枯れてその後にまた雑草が生えてきたようだ。土の上には枯れ草がもっさり被...

日々の徒然(新年、ウツボを料理、ウツっぽかった)

ウツボの罠設置→捕獲→捌く→干す→料理までを動画にした寒くなりウツボの季節がやってきた。というわけなので今年も南紀名物ウツボの揚げ煮を作った。そして今回はウツボの罠設置から捌いて干して料理するまでを動画にした。動画の方が色々多くのものが伝わるのではないかなと思う。数日ウツっぽかった少し前から落ち込む出来事が続いていた。割と気にせずやっていたんだけど、とうとうここ数日間はなんか鬱っぽくなっていた。朝は布...

柿の葉を天ぷらに、休日の徒然

この前渋柿が新芽を出し始めているとツイートしたら天ぷらにすると美味しいですよとのリプライが。このくらいの葉を天ぷらにすると美味です(*´∇`*)— norinori (@noritamakoo) 2018年3月26日そうなんだ!と思って調べてみるとネット上でもちゃんとレシピもある。ほんのり甘くて、少し苦みもあって美味しいらしい。柿の葉の天ぷらのレシピ/作り方:白ごはん.comそう言われると。毎日見ている黄緑の新芽が・・・。なんだか美味...

ウツボ獲ったり焼き芋したり

ウツボの旬の時期がやってきました。なのでこの前ウツボ罠をセットしました。餌はうっかり賞味期限切らして冷凍したサンマ。去年の夏もの、我ながら物持ちが良いぜ。去年獲れた場所に罠をぽーい。あとは健闘を祈る・・・・。二日後・・・。ウツボキタ━━━(゚∀゚)━━━!!噛まれると大怪我を負うので弱っているところで頭をハンマーで叩いて殺しました。けど、必死に生きようとしているものを殺す時って本当ごめんなさいって気持ちになり...

7月中旬、畑の様子

画像多数です。読み込みに時間がかかるかも。うまくいっている野菜ツルムラサキツルムラサキは絶好調。コメリで苗を買ってきて植えました。上のが安い方(100円ぐらい)のツルムラサキ。蔓が緑で太く、誘引してやらなかったら地を這うのが特徴。こちらは高い方のツルムラサキ(200円ぐらい)。蔓が細く紫色。支柱などに自分で絡み付いていきます。このタイプを育てるのは初めてなのですがこっちのは今の時期から花を咲かせるので、...

まぐろ漬け丼。静かな生活

6時半起床。明日は町民音楽祭。リハーサルの為、串本町文化センターへ。その後買い物。以前の職場の方に会う。仕事が決まって働いていると話すと喜んでくれた。昼食(菜の花パスタ)潮騒を聴きながら昼寝。ウツボの罠を見に行くがぼうず。森で朽ちた木を拾う。ピアノを演奏。録音を聴いてどうすればより良い演奏ができたのか考察。薪を燃やす。おばさんが大根を持ってきてくれる。切り干しに。夕日を見に行く。風呂。夕食の準備。...

サンゴ網を鹿・猿よけに

ここには鹿、猿がたくさんいます。例えば道路を猿が横切ったり。森で鹿がガサガサやっていたり。猿がキーキーなくのを聞きながら昼ご飯を食べたり・・・・。そんな事が日常的にあったりします。という事は・・・、畑にも入ってくるわけです。こういう網を張っていたのですが鹿は網の破れた所を徐々に大きくして中に入ってきます。猿は上から入ってきます。過去にトウモロコシやらさつまいも、インゲンなどがやられました。鹿は網を...

ウツボを揚げ煮・唐揚げなどで料理してみる

前々回のウツボの登場です。これ、1月13日に干し始めました。一週間お日様と北風に晒し続けると・・・・。干物になりました!初めはふにゃふにゃやったけど今はカチコチやで!今回はこれで南紀の特産品、うつぼの揚げ煮を作ってみます。身がカチコチなので包丁ではとても切れません。裁断機を借りて切ります。切ったやつを揚げます。揚げたやつを砂糖・味醂・醤油を入れた鍋で少しだけ煮てウツボの揚げ煮の出来上がり!ウツボの揚...

ウツボを捌く。獲り方を模索する

〜前回のあらすじ〜ウツボを取りハモ胴を購入↓次の日に二匹捕獲↓捌いてもらって干す↓ウツボは罠でとったら楽勝やん! ←今ココその後も同じ場所に罠を設置。だけど捕まらない。そしてその場所は時折大変波が荒くなります。こんな感じで。落ちたら死ぬで・・・。とか思いながら罠を設置。次の日見に行くと波にもまれまくってフタの部分が消滅した無惨なハモ胴の姿が・・・。Oh・・・まだ二匹しか捕まえてないのに。ショック・・。悔...

ウツボ取り・罠(ハモ胴)でウツボを捕獲

この前、家主の親戚の方が家にきました。そしてこれをもって来てくれました。うつぼ揚煮。南紀の特産品です。聞いてみると自分で作ったとの事。どうやらウツボも自分で獲ったらしい。ウツボをどうやって獲ったのか聞いてみると。「県漁連で罠が売ってるからかってきーや。」と言われる。県漁連ってあまり聞き馴染みがない。農家の農協、漁師の県漁連という感じだろうか・・・?漁師でもない一般人がそういうとこいったら、「あんた...

ロケットストーブで石焼き芋

本州最南端に位置する串本町は、黒潮の影響もあって温暖です。なので昔からさつまいもの栽培が盛んで、特に潮岬は赤土が多くその土壌は栽培に適しています。気候も土も栽培に適している串本では「なんたん蜜姫」というブランドの芋も販売されています。結構、近所の方からそのなんたん蜜姫や色々な種類のさつまいもを頂きます。だけどこんなにあると炊飯器で繰り返し炊かないといけない・・・。そういえば石焼き芋っておいしいよな...

干し物とか、最近の事とか

干し物看護師さんが定期的に売り物にならない型くずれのさつまいもを持ってきて下さります。なので最近それで毎回干し芋を作ってます。僕の作り方は・・・。さつまいもの皮を適当に撥って炊飯器にセット。水はあまり入れてません。ちょっと浸る位です。水を入れすぎると煮る感じになってしまいますので。炊きあがり。黄金色に炊けたら成功です。カッティングして・・・。干します。忘れてはいけないのが炊飯器に残ったこの汁。一口...

我が家に猿がやってきました。

外出中、家の前の畑に猿がやってきました。トウモロコシずったずたなすび、さつまいもは引っこ抜かれインゲン全滅。Oh・・・・・。野菜は育てるよりも守る方が難しい。だいたい家の横を鹿が歩いたり、道路を猿が横切るような所なのです。そんなサファリパークみたいなとこで作物がやられない訳がない。犬を飼ったり天井まで網を張り巡らしたり、電柵をする気は起きません。こういう所での畑は趣味としてやるしかないですね。作物を...