海辺の空き家で静かに暮らす

和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし

なるようにしかならない。その意味で生き続けるのは残酷な事だと感じる。

生まれた時点でその人の持っているものは大体決まっていて。生き続ける中で無力さを感じたり、求めるものが手に入らなかったり、周りの期待に応えられない事も出て来る。歳を取れば取るほど、自分の可能性はよりはっきりしたものとしてわかってくるように思う。世の中なるようにしかならない。その意味で生き続けるのは残酷な事だと思う。だけど、だからこそ自分が大切にするものにしっかり向き合って、その結果生まれるものを大事...

串本で暮らして4年

4年前の今日、荒船海岸に単車で来てテントを張りました。ここでの生活も今日から5年目に突入します。始めはテントでしたが、今は生活環境も大分落ち着いたかなと感じます。後は収入手段を落ち着かせたいです。お金の為に自分を押し殺して働くというのはできる限り避けたいです。なので自分にとってはあまりストレスのかからないような収入手段を今後、見つけていきたいと思っています。楽しいと感じる事に対して打込む中でお金を得...

道端の残骸

通勤は私の娯楽です。海・空・山・川はいつも違います。そして割といつものように車に轢かれた死体が道に転がっています。あれはイタチか。あれはたぬきか。あれは・・・・。・・・。日常の延長に死体。今まで生きてきただろうに、運が悪くて死んだ。そんなあっけない姿が毎日のように晒されている。・・・・。あれは野うさぎか・・・・・。カラスが残骸をつついてる。・・・・・。あのウサギがかつて持っていた世界が消えた。あの...

帰りの電車で感じた事

9月14日、親と別れて電車に。帰り車窓から人が流れて。ビルが流れて。それらを眺めることで自分も景色の中に流れていくような。自分が少し別の世界に移ったような気持ちに。眺めながらポツポツと親、兄の事が浮かんでくる。・・・・。帰省して親に顔を見せたのはよかったかもしれないけど、疲れた。兄がおかしな言動を僕に投げかけてくると兄に対して反応するのが嫌になってくる。そして壁を作って感情を出さなくなっていく。その...

通勤と最近思う事

通勤は私の娯楽です。海岸線の道を原付でゆっくり走るのです。毎日空の色は違いますし、海の色も違います。雲が出ている日もあればそうでない日もあります。家から近くの景色。いつもここで空と海の青さを実感します。しばらく海の景色が続きます。海を眺めながら走っていると、ふと職場の人の事が浮かんできます。・・・。あの時、あの人は、この人に対して、ああいう行動をとった。あの時、この人はああいう発言をした。あのひと...

日々の生活と時間の流れ

「通勤・仕事・夕焼け」最近の毎日はこの三つに分けられます。通勤毎日の空の色、雲の広がりは違います。最近通勤ルートにこんな花が咲き始めました。通勤途中に見る雑草も花を咲かせ日々成長しています。日々の微妙な景色の変化。その景色を眺めることで自分が一日・一日の季節の変化の中にいる事、その流れの中で同じ行動を繰り返している事を実感します。「今日も朝起きて、仕事して、夕焼けをみて寝る。今日はどんな夕焼けが見...

南紀に来て2年

2年前の今日、この海岸に単車で来てテントを張りました。あの時は「人のいない海辺の空き家でひっそり暮らす」なんていう生活ができるとは思っていなかったです。そんな生活ができたら良いけどそんなうまくはいかないだろうなぁ、という考えでした。2年後私は一体どこでどんな生活をしているのでしょうね。想像がつきません。こんな生活してたらいいなぁという理想のイメージはあるのですが・・・。まぁ、それに近づけるよう、努...

今日も、海を眺めていました

仕事が休みの日は海を眺めに行きます。今日の海は凪いでいました。海はどこまでも広がる湖のようです。波の音は殆どしません。空には無数の綿雲が漂よっています。太陽は力強く輝き、海も太陽の光を受けて輝いています。海と空はただただ綺麗で穏やかなのでどこか受け入れてくれているように感じます。...

光・音のない空間

ついに夜の虫は完全に鳴かなくなりました。家の周りには街灯もありません。海からは少し離れているので波の音も聞こえませんし、今の期間は月もでていません。なので家の外はただ暗闇と音のない空間が広がっています。これが訪れると冬が来たという感じがしますね。私の冬の楽しみの一つです。家の外に出ても自分に干渉してくる音は全くありません。光は目をつぶれば遮断できますが音は意図的に遮断することはできません。その遮断...

趣味として畑をするのか?

私なりに畑について書いてみます。あくまで畑を一年半程実際にやってみてこのように感じたという感想です。畑をやる理由私が畑をやっているのは物を買うのが嫌だからです。自分の生活を維持する為に何かを買い続けないといけないというのが気持ち悪いのです。その次に作物を育てる事でその植物の成長や生態を知るのが楽しいからやっています。その為私は如何に費用と手間をかけずにたくさん収穫するか、その視点から畑をやっていま...

仕事がある日の楽しみ

それは通勤です。通勤は私の娯楽です。海岸線の道を原付でゆっくり法定速度で走るのです。毎日空の色は違いますし、海の色も違います。雲が出ている日もあればそうでない日もあります。私の集落から国道に出る迄の小道。2.5km程続きます。美しいですね。国道に出てしばらく海岸線を走った後、小さな町を抜けるのですが、そこで海を眺めるおじさん、魚を捌く漁師さん、干物を作るおばちゃん、世間話しているおじちゃん、おばちゃん...