沖縄テント生活

以前、海辺の空き家で静かに暮らしていた人のブログです

洞窟暮らし8日目 日除け兼目隠しの製作開始

起床。薄明の空。珍しく雲が少ない。「ホホホホ・・・ホケキョ!」ウグイスが鳴いている。今日は日除け兼目隠しを製作する。以前から角度によっては自分の生活が丸見えになるのが気になっていた。はじめはブルーシートで作ろうかとも考えたのだがそれだと目立つしホームレスっぽさが出て良くないように感じた。黒とか緑のシートなら景観に紛れて良いかなとも考えたけど風になびく音が気になるし、物を買ったり増やすのは嫌なのでま...

洞窟暮らし7日目 過去の生活者の訪問、かまど使用開始

7時起床。ぐっさんがテーブルでコーヒーを飲んでいるのだろうか?物音が聞こえる。テントを出るとぐっさんが。今日は洞窟にテントが二つ。なんだか不思議な感じ。洞窟に遊びに来てそのままテントで寝るなんて中々のアウトドアな人だ・・・、というか身軽な人だな。今日も朝から雨。止んだ時を狙って帰るらしい。暫く雑談。ぐっさんは沖縄に移住して8年程になるらしい。テント生活的なライフスタイルにも関心があり、どの海岸なら生...

洞窟暮らし6日目 初の晴れ間、ぐっさんの訪問

起床。波の音で目が覚める。テントを開けると・・・。うーん曇天である。1日のスタートである朝は清々しくあって欲しい。なのでこんな感じがずっと続くと中々辛い。ブログの更新などをしていく。テントを張って数日は候補地探しで結構動き回っていた。周辺のビーチを一通り散策して感じたのは結局ここが最初にして最高の拠点なのではないかという事。なので今後も散策は続ける予定だが、ここの生活環境を整えるのを第一にしつつ暫...

洞窟暮らし5日目 拠点の候補地を探す

今の拠点周辺のビーチには洞窟はあったが人が多い為候補地にならず。北部、国頭村のビーチは人気はないが山が高く夕陽が見れないのでイマイチ。というわけで次に向かったのが沖縄北部の南側の海。宜野座村、金武町だ。山を越えて宜野座村へ。なだらかな平野が続き晴れれば景色は大変良いだろう。どれ一つ一つ海岸を見ていくか・・・。うん、ひっそりしたビーチが結構ある。洞窟こそないが所々に川があってブルーシートを張ればそれ...

洞窟暮らし2・3日目 拠点の候補地探す

今の拠点は大変良い場所なのだが今後、人が増えそうな事といずれ波が来るので別の拠点候補地をあらかじめ何個か作っておきたい。そう思い、ここ最近沖縄北部の海岸を片っ端から見て回っていた。まず一番はじめに散策したのが今暮らしている周辺のビーチ。瀬底島、屋我地島、古宇利島、今帰仁村、本部町だ。拠点を求めて田舎道を走る。で、瀬底島に一箇所だけテント生活出来そうな洞窟があった。けどここは人が良く来るので残念なが...

沖縄洞窟暮らし開始

起床。一昨日は船で眠れず睡眠不足だったが今日は結構眠れた。朝食を頂き出発の準備を進めていく。どうも色々とありがとうございました。テントを張るならとあるビーチが良いとのことだったのでその場所へ。おぉこれは確かに良い。早速テントを張ろう。整地して、テントを張って、衣類を干して・・・。生活拠点の出来上がり!ここの良い所はまず屋根がある事。荒船海岸でテント生活をしていた際、一番問題だったのは雨をどうやって...

野宿旅11日目 沖縄県名護市到着

4時過ぎ頃、奄美大島、名瀬港到着のアナウンスで目が覚める。うーん、周囲の人の物音が気になってあまり眠れなかった。デッキに上がる。あたり一帯全部海。気持ち良い。あたり一帯全部海~。気持ちええなー(´∀`) pic.twitter.com/SzqC1OgmSZ— わたぐも@沖縄テント生活 (@watagumohuwahuw) February 5, 2019 船内で朝食をとりつつブログを更新する。今日は船旅なので自分に特別サービスとして色々お菓子とかパン買っちゃった...

野宿旅10日目 川南町~鹿児島市へ / 日々の演奏76(鹿児島空港ストリートピアノにて)

6時起床。昨日は9時頃寝たので陽の出ないうちに目が覚めてしまった。まぁ今日は行きたい所が色々あるしさっさと準備を進めて出発しよう。なんだかんだでここで3泊もした。どうもありがとうございました。出発。のどかな農村地帯を抜けていく。今日の目的地は鹿児島。ストリートピアノを弾きに行く。ストリートピアノとは街中に常設された誰もが自由に弾けるピアノだ。昔から街・ロビーなどの雑踏の中で、誰にも気に留められないよ...

野宿旅8・9日目 青鹿キャンプ場に滞在・椎葉村へ。日々の演奏75

2/3起床。4時頃から遠くでニワトリが鳴いて少々うるさかった。あとちょっと寒い。やっぱり寝袋は2枚重ねて寝た方が良かったな。今日は昼から雨。どこか屋根のある所探さなければと思っていたが、ここのキャンプ場にあるバンガローはタダで使わしてくれるらしい。貸切だし普通に立派な建物なのでありがたい。昨日もテントを張らずにここで寝たらよかったな。濡れタオルで体を拭いて下着などを洗濯。髭剃ったり、メールのやりとりし...

野宿旅7日目 伊方町~大分~宮崎県川南町へ

起床。船の汽笛が聞こえる。テントの撤収に取り掛かる。テントさえあればとりあえずどこでも個室ができちゃうってなんかすごい。色々な場所で寝てるとそう感じる。公園のベンチとかで寝るのは抵抗あるけどテントさえ組み立てたらプライベートスペースがどこでもできちゃうといいますか・・・。今日は大分へ向かう。乗船ついでにフェリーのゴミ箱にゴミを捨てさせてもらう。旅をしているとこういう機会は逃さないようしなければなら...

野宿旅4・5・6日目 阿南市~香川観音寺市~愛媛伊方町へ

旅の流れを羅列的に書いていきます。1/30阿南市。読者の方の家を出て行く準備を済ませて、お礼を言った後・・・、「夢の旅、続けて下さいね。」と、一言。うぅ、恥ずかしい・・・。(-.-;)出発。ぐっすり眠って疲れも完全にとれた。晴れた空、移り変わる景色が気持ち良い。やっぱり睡眠は大事だなと感じたり。目的地は父母ヶ浜海岸。なのだがその前に銭形砂絵に寄り道。この砂絵を見た人は生涯お金に困ることはない。・・・らしい。...

野宿旅2・3日目 和歌山市~徳島県阿南市へ

早朝。寒すぎて寝袋から出れない。テントには霜が降りて凍りついている。夜中、定期的に工場からチャイムが鳴ったりで全然眠れなかった。やはりこういう所で十分に眠るのは厳しそうだ。テント・荷物の撤収をし、霜を拭き取っていく。マイペースにこの作業やっていると何だかんだで1時間半ぐらいかかった。設置も合わせてこれが今の仕事だ。和歌山港へ。今日はフェリーで徳島へ渡る。客室では各々の人達が好きにくつろいでいる。自...

野宿旅1日目 串本町~和歌山市へ

朝だ。いよいよここを出て行く。冷蔵庫を空にして水道の元栓を閉める。旅立ちの準備を進めて行く。これから先自分はどうなっていくのだろう。全く先は見えていない。さよなら串本。6年間どうもありがとうございました。バイクを走らせる。流れていく景色、冬の強烈な風。寒い。手足の先が冷える。ーーーーーーーーーー目的地であるナカヤマの浜広場に到着。木々がなぎ倒されている。そして辺りにはゴミが散乱。不法投棄も結構ある...

僕にはなんにもないよ

ここで6年間暮らした。その6年は自分が心から送りたいと思っていた生活そのものだった。行き当たりばったりだったけど、色々な過程を経て、まさに自分が理想としていた暮らしが形になった。夢を実現できた。そして、また新しい暮らしを夢見て、ここを離れる。ここの景色ともお別れだし、ここの暮らしで出会えた大切な人ともお別れした。さよなら。今までの景色・人。あの時と同じ。バイクとテントだけ。また一からだ。あの時夢見た...

好きな音楽 - Cigarettes After Sex

優しく包み込んでくれるような音作りが素晴らしいバンドだと思います。特に間奏部のギターソロが堪りません。...